にきび等の皮膚美容の情報・オードムーゲ化粧品・ダナフェイ化粧品を専門にweb販売しております。季節に応じた健康コラム掲載中。
Yasuoka Pharmacy オンラインショップ 健康の樹コム
管理薬剤師 安岡 幹根   WELCOME 
管理薬剤師の安岡幹根です。
健康・美容のお役に立てる情報発信をさせて頂きますので、
ご意見お待ちしております。
〒515−0083 三重県松阪市中町1856 有限会社ヤスオカ薬局 TEL 0598−21−0934 FAX 0598−26−2166
「明るい明日は家族の健康」・・・健康管理を応援します。健康の樹コムでは、予防薬を中心に、自然療法を考え実践しています。
はじめての方に ヤスオカ薬局 オードムーゲ化粧品 ダナフェイ化粧品 ニュークリアーウォーター サイトマップ

ホーム

健康コラム
皮膚について暮らしの中から美しく
五つの元気
素肌の漢方
良くある質問
にきびについて
皮膚のトラブル
化粧品
お肌に良い自然食品
お得な情報
プレゼント
ショッピングガイド
初めての方に
問診表
ヤスオカ薬局
お支払いの方法について
買い物カゴの使い方
買い物カゴが動かない場合
掲示板
愉快な仲間たち
特定商取引に基づく表記




皮膚のトラブル

皮膚のトラブルには、にきびの他にもたくさんあります。しみ・そばかす・おむつかぶれ・水虫・たむし・しもやけ‥、必ず原因はあるはずです。予防と養生一つで、皮膚のトラブルを未然に予防出来ます。そこでよく相談を受ける皮膚のトラブルについてご質問の多い相談についてお答え致します。


良くある質問
■Q1 . しみの予防にはどうしたらいいですか?  
■Q2 . しみの原因について教えてください。 
■Q3 . 水虫に良い製品はありますか? 
■Q4 . 慢性の湿疹について
■Q5 . 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)について
■Q6 . おむつかぶれにステロイドを使いますか?

■Q1 . しみの予防にはどうしたらいいですか?
紫外線に、とにかく当たらない事です。もし過剰に当たってしまった場合は、お肌の手入れをしっかりし、睡眠を十分に取り、ストレスのかからない生活を送ってください。若いうちは紫外線を浴びてもしみになったりすることは少ないですが、一部のメラニン色素がお肌に残り、将来的に、皮膚のトラブル・しみの原因となることもあります。それと、やはり身体の疲労から出てきます。疲れを身体の中から取りましょう。又メラニン色素を増やさないような化粧品・サプリメントもあります。外出する場合は、帽子を被り、UVカットのクリームを下地につけると良いでしょう。水分もしっかり摂取して、しみの予防をしましょう。

■Q2 . しみの原因について教えてください。
しみの予防のところで書きましたが、しみの原因は複雑ですが、内面的な要因としては、ストレス、疲労、内臓疾患、内分泌機能障害などが考えられます。たとえば、秋に目立ったりするのは、夏の疲労から出るものとして考えられます。外面からの要因としては、化粧品による刺激、紫外線、かぶれなどが考えられます。また、しみのできる部位によっても原因が違う場合があります。
■Q3 . 水虫に良い製品はありますか?
お話を聞いてるだけでは、分かりませんので一度ご来店ください。内服・外用を症状に合わせて御用意させて頂きます。軟膏の使い方、日常生活の仕方、入浴の仕方など、いつまで塗布すれば良いか‥細かいご指導をさせて頂きます。水虫と思っていても違う場合も御座います。特に湿疹が混じったものは判断が難しいかと思います。日常生活の仕方等、予防・養生することの重要性を考えて行きたいと思います。
■Q4 . 慢性の湿疹について
慢性湿疹も色々な種類の皮膚病があります、お肌の抵抗力を元気にしてあげると良いのではないかと思います。慢性化して、角質が盛り上がっている場合の湿疹等は、角質が薄くなると良いかと思います。ジクジクと、いつまでもしている湿疹もありますし、いろんなタイプのものがあります‥。原因を探り、二度と起こらないように、徹底的に予防・養生をしましょう。
■Q5 . 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)について
てのひら、足の裏に、無菌性の膿疱や小水疱が多発し、時に痒みや疼痛がある、皮疹は左右対称性に見られ、軽快、憎悪を繰り返しながら慢性に経過する。原因は不明であるが、慢性感染病巣によるアレルギーが考えられている。良く、水虫と間違えられる。身体のどこかに病巣が隠れている場合があるようです。
■Q6 . おむつかぶれにステロイドを使いますか?
当店では、基本的には、余程のことがないかぎり使用しません、予防と養生次第で、良くなります、赤ちゃんのお肌は、本当にキメの細かい皮膚になっています。いつまでも赤ちゃんのようなみずみずしいお肌のままでいたいものですが、年齢を重ねるごとに、きめが荒くなってきます。ですから、きめの細かい、敏感な時期はあまり強いお薬はつけない方が良いのかも知れません。それと、お尻の拭き方・入浴の仕方なども細かく指導させていただきます。、おむつかぶれの予防の方法もお教え致します。子供は本当に宝です、しっかりとした予防をすることにより、すくすくと育っていくんだと思います。子供の病は、食生活の乱れ、環境の変化等、お母さん、お父さんの責任です。今一度、生活習慣を再点検・確認して下さい。

         Copyright2003(C) 健康の樹 ヤスオカ薬局.Co.,Ltd.All rights reserved