◆はじめに。

この長文は2007年2月〜2008年4月まで連載された携帯漫画、
デジタルコミックス「悪魔城ドラキュラ〜ラメントオブイノセンス〜」
全42話の 感想日記まとめです。
※ネタバレや個人的脳内妄想意見を多く含みます。(通常比1.5倍以上)
※あまりに萌えている為、テンションが可哀相なぐらい高いです。
※単行本化へのプッシュがウザくてもキニシナイ。    __________以上をふまえてどうぞー。



2007/02/02(Fri)。遂に待ちに待ったCVデジタルコミックスが配信開始!
昨年のゲームショウ2006で告知冊子を貰った時から待ってた…。ホントずっと待ってたよ……。
もう驚きの連続で震える…!!! 嬉しくてどうしたらいいのか…!おおおおお!!

ありがとう!573!!ありがとう!悪魔城開発チームの皆さん!!!!そして作家さん方!!!!
毎週金曜更新で二部構成の連載を予定しているトカ?
これから金曜になれば毎週良いレオンが拝めるなんて幸せだ…!!!!
あまりに何度も繰り返し読みすぎなので、早々にパケット使い放題へ切り替えました。


◆1話「決戦!魔天朧月宮」
―――ヴァルターの居城・最上階に上がってきたレオンは、宿敵ヴァルターと対峙する!物語はいま始まる…―――


早速、1話。ゲーム終盤のヴァルター戦から物語は始まります。台詞もほぼ一緒。
少々短髪気味なレオンは初回からヴァルターさん相手に殺伐モード全開!
一方相手の ヴァルタンは笑いすぎです。久々に骨のある対戦相手でさぞかし嬉しいんでしょう。愛しいです城主。
いきなりのアクションシーンにはホレボレしますね。これぞシリーズ伝統、ムチアクションだ。
今作は原作:都月高さん、漫画:秋月弓さん、そしてIGAさんは監修を担当。強力3人構成です。シナリオも改めて練り直しているそうで期待大。
ゲームでは語れなかった部分も描いていくそうで、モチロン騎士時代も語られるとか…!
きっと幸せなレオサラ話あるんデショ!!!
どうしよう!ヤバイ!どうしよう!!レオサラ!!!!レオサラーーー!!!!サラカワイイレオン男前!(落ち着け)
台詞はCV声優陣にて脳内でフルボイスに自動再生されるのでノープロブレム。(妄想機能)


この1話と次の2話までは誰でも無料で立ち読みが出来ます。イイから読め。(命令)


◆2話「戦場にて」
―――レオンと共に活躍するは、天才戦術家であるマティアスであった。騎士団の前に敵など無く、最強の名を欲しいままにしていた。―――


キタ!!!! き、騎士レオンキターーーーッ!!!!おおおおおお…!
2話で、過去の騎士時代のエピソードですよッ!嬉しすぎる!嬉しすぎるー!!
てか、マジであの騎士団正装の格好のまま戦ってるのね。兜なくて大丈夫なの…レオン?
あ、最強だからノープロブレムだよねッ!(盲目)
あああ…金髪と白マントたなびかせて戦っとる…。いっそ自分が騎士レオンに斬られてしまいたい…。
マティアスも登場!カッコ良いーー!軍師ーーー!! 馬の鞍飾り布に萌えた(何そのピンポント)
騎士なら当然の事ですけど、馬に乗ってる親友騎士コンビに激しく萌えました。
今まで脳内妄想だけだった乗馬している騎士レオンが今、我がケータイでマンガにッ!
…嗚呼、素晴らしきかな現代ニッポン!(どうした)
週刊573の公式サイトでも先週配信されたばかりの第一話が無料で立ち読みできるようになりました。(現在は配信終了しています)
これでヴァルタンの活躍が大画面でバッチリだね!
しばらく騎士時代が続きそうな展開なので、来週も絶対大騒ぎします。

復唱しますが、今回の2話と前回の1話は誰でも無料で立ち読みが出来ます。とにかく読め。(命令)


◆3話「神の地は永遠なり」
―――活躍を褒め称えられるマティアスとレオン。街をあげての祝福の中には、愛するものの姿があった。―――


私も結婚式に呼んでーーーッ!>レオン
…スイマセン取り乱しました。CVモバイルコミック第3話です。
レオvサラだよアンターーー!どうしよう!ちょっとどうしようッ!!!(幸玉大放出)
サラ可愛い!可愛い!超カワイイーーーッ!!
ゲーム上ではストーリー展開上、見られなかった幸せ満面笑顔のサラに胸キュン(死語)ですよ!
レオンの帰りが待ちきれなくて、少しでも早く無事な顔が見たくて村の広場まで迎えにきちゃうなんて可愛いったらないじゃありませんかッ!
個人的にサラの萌えポイントの構図(ちょっと上から見下ろしたレオンからの視点)が描かれてたのが特にタマリマセンでした。そう!そうなんだよ!わかってらっしゃるわッ!
レオンがさりげなくサラの肩を抱いていたりとか…。んもう!良いね。LOVEだね。(悦)
そして、クロンクビスト夫妻はレオサラ良い夫婦のお手本だよッ!(某伊○衛門夫婦のような)
そしてマティアスのサラへの呼び方に激しく萌えました。何だもう!マティアスってば!!
(ヴァルターの「姫君」呼びもあれはあれで最高にエロス!エローース!! )
騎士コンビはホントもう最高。次回はエリザさん出るかなー?
改めて週間連載漫画の強大さを知りました。金曜が待ち遠しくてどうしようもない…。


◆4話「帰りを待つ者」
―――マティアスを待つ妻・エリザベータ。夫の帰還を喜ぶ姿は幸せそうであったが…―――

クロンク夫妻は良い夫婦。水入らずーーーーッ!!!
エリザさんが出てきました!美人!もう美人!儚げな微笑みがタマランとです…。
旦那様への出迎え方が前話のレオサラと比べ、落ち着いてるところに奥方の経験値が感じられます。
二人共、落ち着いてるけど内心とても嬉しいんだよね。ホント良いなぁ…この夫婦の雰囲気…。(癒)
ゲーム中では既に故人だったエリザさんが生きているだけでもウレシイのに、マティvエリザですよ!マティエリ!!
遠征のお土産話を暖かい暖炉の前でゆっくりすると良いよ。
ホント、お似合いの美人夫妻で、もう〜…。もしお子が居たらば200%超絶美人なお子様だよ…。
来週は泣けるな…絶対。…ああ…笑顔のマティアスはもう見れないんだろうな………。(セツネェニャー)
騎士団のあの軍旗が作ってみたい。カッコいいね。


◆5話「暗い影」
―――愛する者を亡くし、深い悲しみに襲われるマティアス。絶望する彼に暗い影が落ちていく…―――


絶望の軍師……マティアス………。
前回の幸せクロンク夫妻生活から一転、突然の愛妻の悲報にやるせなくてどうしようもないです…。
エリザさんは最後まで夫の重荷にならないようにと気丈に振る舞っていましたが、やはりマティアスは自分と神への信仰心を責めてしまうんですね。切ない!切ないよこの夫婦…。
あの顔付から察するに既に五徹どころじゃないマティアス。窓の外から必死に呼び掛ける親友レオンの声にも答える余裕もありません…。
そのレオンも間近まで控えていた自らの結婚式を延期する程ですから、親友の存在はそれほど重要だった訳で…。
大切な親友に不幸があったのに結婚どころじゃないよね。天涯孤独で肉親がいないレオンには一番にマティアスから祝って欲しいんだろうから…。
騎士団側もマティアスという軍師なき後も結構大変そうな想像がつきます…。
レオンもマティアスが居ない分、色々と無理してんだろうな…きっと。
物語もいよいよゲーム本編へと近づいてきて、折り返し地点の原稿も届いている様子。
サラを直接攫ったのは一体誰ですかッ!!??
いや実際、誰が攫ってもオイシイんだけどねッ!ヴァルタンでもマティでもヨアでもサキュでもドッペルでもッ!!!!
そして水牢の貴公子は出てくるんでしょうか…。(不安)
あーホント毎週配信が楽しみだなッ!


◆6話「赤き月の下、光を覆う闇」
―――闇がつれてくる異形のものたち。民は夜を恐れ、次第に教会や神の存在に疑いの念を抱いていく。―――


領主レオン様に守られたーーーーいッ!!!!(村人羨ましい)
遂に魔物達がレオンの領土に出現です。民の危機に自らが率先して村人達に避難先を導いている様がもうね!
オ ト コ マ エ だ よ ねッ!
とにかくレオンの領主っぷりにホレボレ…。
民からの信頼もある様ですし、天涯孤独で若干22歳に関わらず本当に立派な男爵様です。
ホントにもう…レオンの領地に住ませて頂きたい…!
畑で収穫された野菜とか果物とか自主的に届けに行っちゃうから!
実際に村人から沢山されてそうだし。レオン自身も忙しそうな村人達を見かけたら放っておけなくて自主的に収穫手伝ったりとかしそう…。きっとサラと一緒にしてるな。そして予想以上の大豊作でクロンクビスト家にお裾分けすれば良い!(妄想乙)
いや〜…しかし民からの「レオン様」って呼び方が新鮮で良いね。呼びたくなるねドキドキするね…(愛)
騎士団内部のレオン直属部下もちらほらと出てくるし、ページ数も少しずつ長くなってきて嬉しいことです。
「魔物討伐に騎士団としての出動はできない。」レオンから必死な懇願にも関わらず冷酷な教皇に嫉妬。レオンからお願いだよ!聞いてやってよッ!
次回はサラがピンチ!?急ぐんだレオン!!


◆7話「ゲームのはじまり」
―――城の中は無惨な状態であった。サラを心配するレオンは上階へ足を進めるが…?―――


サラを攫ったのはお前かーーーッ!!!
そうだね、確かに敵キャラ説明にちゃんと書いてあるね。「ヴァルターの すごい 僕(しもべ)」。
流石、上級悪魔だけあって流暢に喋りますな〜…。笑い声が外見から予想もできないぐらいに意表をついてました。アレはかなり高音とみた。(笑)
サラのピンチに豪快に扉を蹴破って救出に向かうレオン。必死にサラの名前を呼びつつ、トラントゥール家の階段駆け上がってるのがタマランのですがッ!(末期)
そして凄いドリフト疾走しているレオンの愛馬に驚き。きっと何度もレオンと共に戦場を駆け巡っているんだろうから絶対にただの馬じゃないね…。(愛馬の名前が激しく気になる)
今回のターゲットであるレオンを見つけてご機嫌なヴァルタンが非常に可愛い。早く姫君サラをその膝の上に置けば良いよッ!さあ!さあッ!!(鼻息)
次回はマティが再登場…?


◆8話「永遠の夜に愛された者」
―――赤髪のヴァンパイアから挑まれた“ゲーム”。神に背く行為であるが、レオンとマティアスは果たして…―――


神を裏切るのは…心の友よーーーーーーーッ!!!!(剛田)
何だもうこの親友コンビ!最高だよ!二人共男前すぎる…ッ!本当にお互い信頼し合ってるんだね…。携帯片手に朝から感動。
ほぼ一話丸ごとレオンとマティアスの会話でした。ゲーム上でもこんなに多い会話してない上、ポリゴンで表現しきれなかった微妙な感情の表情までもが豊かなので余計に二人の心情が伝わってきます。デジコミ万歳!
特にマティアスが共にヴァルターを討伐しに行くと言った言葉を止めるレオンの台詞に射抜かれました。
もう…もう本当どうしよう!レオン・ベルモンドがとんでもなくカッコ良すぎなんですけどッ!!!!(改まってフルネーム)
爵位(騎士団の剣)返上って、てっきり教皇にするもんだと思ってましたが、一刻も早くサラ奪還に出発したいレオンにとってはわざわざ教皇の所に行ってる場合じゃないんだろうと脳内保管。どう見ても時間帯が深夜未明っぽいしね。教皇ぐっすり寝てそう。
いや〜…唯一無二の親友マティアスに全てを託すのがグッと来ました…。
エリザさんの病気の原因真相がホントだとすると、マティアスはゲーム本編で最後にヴァルターに対しても復讐を兼ねれたということでなるほど頷けるかも。
…絡み合う因縁の関係…マジ深いです。……ああもう大好きさCVッ!!!!
そろそろ騎士(青服)からハンター(赤服)になるのかな?
ゲームのおまけモードで騎士verもあったら面白かったかもな〜。
騎士服と剣で黙々と突き進んで行くカンジで。勿論、馬での移動手段も有。(馬に乗れるならばもっとMAP広くして屋外ステージも付けると最高)
ちょっと…妄想するだけで燃えるんですがッ!


◆9話「いざ、ヴァルターの下へ!」
―――愛する者を取り戻すため、ついにヴァルターの下へ馬を走らせる!そのまえに現れたものは…?―――


決まった!レオンの上段蹴りーーーーーーッ!!!!
デジコミ9話。リナルドとレオンの出会い。錬金術の材料を探しに森散策をしているリナルドに野犬の群れが襲いかかる!それを華麗に撃退するレオン。
リナルドが渋くて素敵。ポリゴン顔負けのガッシリとした肩幅に惚れます…。
レオンは前回までの騎士服から通常のハンター服に衣装チェンジ。あー…やはり赤服も良いね〜♪
リナルドの錬金術で戦う姿も見たかったですが、レオンの武器を持っていないにも関わらず、即座に状況を判断して地形を生かした攻撃を繰り出す様に惚れ惚れ…!(上段蹴り萌え)
そして大好物のベルモンドの背中にまたしてもヤラレマシタ…!もう何だ!!!あの漢の背中は!
くっそぅ…あの野犬がマジで羨ましい…。自分だったら篭手どころかあの背中に飛び付きますよッ!!(笑)
戦闘時の逞しい面持ちと、普段の優しい面持ちのレオンが両方拝めるー…そんな貴重な回でした。
リナルドとの会話中にレオンが「クス。フフッ…」って、ちょ、ちょっとーーーー!!!!??? 何その安堵のひととき!? もうその微笑みに目が眩むってば…!(重症)
いよいよヴァルター城に近づいてきました。早く5体のボス達も出してあげてーッ!!!(個人的に吸血鬼と夢魔を重点的に)
もしも、レオンとリナルドの協力モードがあったら面白かったかも…とか思ってみたり。
鞭と錬金術で進んでいくなんてGoLみたいなカンジでしょうかね?
リナルドが居れば百人力じゃないか!!錬金術で属性攻撃付けたり、援護の術も沢山ありそう。そして何よりポーション要らず!(笑)
頼もしい…すごい頼もしい…。ヴァルタンの漆黒の石バリアだって二人がかりなら自力で破れそう。


◆10話「託された望み」
―――森の外れに住む老人・リナルドからレオンに託される武器。ヴァルターの残忍な遊びをくいとめるために… ―――


「こうしている間にもサラは…」…ああ、そうとも!モチロン、ヴァルサラ妄想したともさッ!!!!!
逞しいリナルドは ちょっと頑固な所が良いんです。
そしてリナルドの家にある沢山の武器にキョロキョロと興味津々なレオンが可愛すぎる…ッ!やっぱり騎士たるもの槍がどうしても気になるのでしょうかね?是非装備してみると良いよッ!そのまま騎馬戦に持ち込め!(暴走)
鞭を受け取り、次回はいよいよヴァルター城へ殴り込み…?
その頃今日のヴァルタンは闘技場で挑みに来た人間を配下と戦わせ、上機嫌に笑ってとても楽しそうだったから良しとします。(アレは姫君がお城に来てくれたから嬉しいんだよきっと。)
ふと、マティアスとリナルドが互いに錬金術の高みを探求していた頃を妄想しつつ、二人が出逢ったキッカケが気になったり。
ゲーム上でもリナルドは“レオンとマティアスが親友になる以前からの友人”と言っていたように、お互い信頼の置ける仲だったんだろうなぁ。男爵よりも上位の伯爵であるマティアスを名前で呼んでいるくらいだから。
マティアスにとって10歳年下の親友レオンの存在と同じように、リナルドにとってはマティアスの存在がそうなのであろうかと。
あの頑固一徹に面倒見のよい兄貴分だと良い。
リナルドから見たらレオンも含め、訪れる冒険者達は青い頃の猪突猛進な自分を垣間見ている様で、皆危なっかしいんだろうな。
ますます膨らむ脳内保管CV妄想ネタがドンドン浮かんで収集がつかなくなってきました。楽しすぎてヤバイッス。


◆11話「ヴァルターの歓迎」
―――リナルドとマティアスの間にあった親交をレオンは不思議に思うが…。いよいよ城へ進入!果たして…?―――


錬金術の意味がさっぱり???なレオンがいきなり愛しいCVデジコミ11話。
リナルドに錬金術のなんたるかを丁寧に説明してもらい、鞭を受け取り、いよいよヴァルター城へ突入。
しかしリナルド…、ゲーム開始時の説明にいつもの「ヴァルターの元に行くには5体の魔物に封印されて〜…」と一言も語ってなかったので、もしやヨアヒムとかサキュバスが出ないんじゃ…と余計な心配。
一方、城に突入したレオンはいきなり地下に行きますか!?
そこ忘れ者だからーーーーッ!!!!…と思ったらチュートリアルのフロアでモンスターと遭遇!!
次回は鞭ヴァンパイアキラーが唸る!
今回は特にレオンのアップ画面が多くて動悸が収まりませんでした。ホント男前…!ホント男前なんだからッ!!!
「この鞭、ありがたく使わせてもらう」と所なんかもうカッコよすぎ…。なんだもう。


◆12話「錬金術の力」
―――襲い来る敵に攻撃するレオンは、鞭に秘められた力に気付く。―――


だ、誰だーーーッ!な新キャラ登場に動揺が隠せないデジコミ12話。
チュートリアルのフロアで鞭の驚くべき能力でアッという間に魔物を殲滅するレオン。
アクションシーンがカッコよすぎで惚れ惚れします…。やはり、3Dでの鞭アクションがかっこいいのはCVのメインですもんね!
あのスケルトンソルジャーになりたい…。縛られて木っ端微塵だよッ!!!ハァハァ…(危)
戦闘シーンのレオンに悦っていたら、問題の新キャラ登場です。
ちょ…っ!イヤな展開になってきそうな予感が…。呪印EDの二の舞はマジ勘弁。
もう来週が不安でいっぱい…。いいから、一刻も早くサラを助けに行って…!レオン!レオーーーン!!


◆13話「城内での出会い」
―――城内で出会った女はレオンを警戒する。そこへさらに敵が襲ってくるが…? ―――


オリジナルな展開でどうなるのか期待と不安でいっぱいなデジコミ13話。
新キャラの名前は来週ぐらいには明かされるかな?
レオン同様に単身で城に乗り込んでくるくらいだから、彼女にもきっと何か深刻な理由があるんだと思うんですよね。彼女にも大事な想い人が居るモヨウ。
彼女の武器もリナルドがそれぞれ人に見合った装備で錬成してくれたんだろうか…?
レオンが謝りを表すときによく使う「すまない…」という言葉が個人的に大好きなもんで、出てくる度にキュンとします。もうね、神奈ボイスで脳内にて自動再生されますからね!(重傷)
ともかくクルッとフワッとジャンプするレオンに愛。戦う度にたなびくコートの後ろヒラヒラっぷりにも愛。
ゲーム上では下から見られるアングルってなかなかないから余計に!(黙示録みたいにカメラ自由切り換えができればね…)
当初の予定連載回数よりも上回ったとかでウレシイ限りです!もっと連載が続きますようにッ!!(「一方、その頃…」とかでヴァルサラも見たいです…!)
そして5体のボス達も出ますようにーーーッ!!!!
できたら、レオンの一人称を“私”に直してくれると尚良い…(要望が多いよ)


◆14話「リーザという娘 」
―――聖なる銀の矢を持つ娘・リーザ。彼女は城に乗り込んできた訳とは…―――


オリジナルキャラの詳細が判明しだしたCVデジコミ14話。
2週間空いたから、久々のデジコミレオンにドキドキします…。相変わらず何だその優しい笑顔ッ!
冒頭のぐいっと引き寄せ時のしゃがみレオンが激しく愛しい…!何あのしゃがみ方ッ!?(愛)
オリキャラの名前は猟師の娘リーザ。パッと見、ジュリアと月下マリアを足して2で割ったようなイメージがあります。
武器は純銀の矢を装備した聖なるボーガン。自分の村に伝わる武器でリナルドからもらったものでは無いようです。
彼女の出身地をレオンが知らない様なので、レオンの領地とは別の場所からやって来たっぽい…?
かなりモンスター退治に命を賭けている模様。熱くなると冷静な判断が出来なくなるタイプとみた。
それもそのはず、魔物討伐にかなりの決意が感じられます。理由は来週判明かな…?
彼女も例にもれず、やっぱり悪魔城の女性キャラは強いようです…。


15話「戦いの理由」
―――爵位を捨てて戦うレオン。リーザの戦う理由もまた同じもののようではあるが…―――


何が目当てって…そりゃお前さん。私の目当ては貴方だよレオン!!!!!
あとサラも
ヨアヒムも
マティアスも
ヴァルターも
サキュバスも
リナルドも
エリザさんも
デジコミでは望みは薄いけどパンプキンも
……………………。
結局全員だねッ!(爽笑)
レオンにあのかぶりつきたくなる広い背中で守ってもらい、更に怪我の手当をしてもらえる実に羨ましきデジコミ15話。
リーザの魔物討伐の理由が明かされ、レオンとの意見に衝突。これからは別行動になるモヨウ…?
某悪魔精錬師と同じ復讐の目的で行動しているパワフルな娘ッコさんです。それぐらいタフでないと悪魔城では生き残っていけないよね。
彼女もレオン同様にターゲットにされた彼女も、ヴァルター的には戦って楽しそうな相手なんだろうなぁ。
(てか、何故男の方をさらいますか…ヴァルタンw。しかし既に…という状態でリーザの相手はもう飽きてしまったのだろうか…。その辺り非情なのは流石城主だね)
いやでもレオンの黒幕とは関係ないんだろうし…そこの所はこれからどうするんだろう…。グルグルと勝手な妄想だけが迷走しています。
とにかく早くボス達と遭遇して下さい…。サラも出して欲しい。
ゲーム本編の最後まで描ききれるのかなー…。色んな意味でこれからも目が離せません。


◆16話「それぞれの信念」
―――復讐、死者への弔い…それぞれの信念の元、戦い抜け!―――

レオンのオイシイ見どころシーンがいっぱいで呼吸困難になりかけるデジコミ16話。
リーザと別行動と思いきや、突如襲ってきたフレイムエレメントと対決。
「援護する!」と言いながら完全に主戦力で戦ってますよレオンてば。あああ…オトコマエー…(惚)
壁に追い詰められるシーンのレオンの肩付近の逞しさに射抜かれますよッ!
もう、この壁とレオンの間に挟まれたいッ!いや、むしろ壁になってレオンを受け止めたい。
レオンは背中も良いけど、肩と上腕二頭筋も良いんだな!なぁ!!そうだろ!
その後、水路に避難したレオン達ですが、この水路でのレオンは水に濡れた為か色々とヤバいです。水滴ってますよ。…レオンに。水が。(分かったから!)
デジコミレオンは原画レオンと比べて、ボサボサ短髪で元々ボリュームが少ないけど、水路の湿度効果でなんだかしっとりしている為いつも以上に髪の毛が元気ないよーーー!?(萌)
そして遂にサラと再会…?来週は感動の再会で抱きしめれば良いよ!
目が覚めたらサラが覗き込んでるのって愛しすぎる…。久々の登場なので相乗効果で再確認。ホント、サラはカワイイ!愛!(夢魔姉さんの前例があるだけに、本当にサラならいいんですけど…。サークレットは描き忘れ?)
いやしかし、デジコミのヴァルター城の間取りは一体どうなってるんですかね?いきなり水路なのも非常に気になる…。
水路といえば=水牢の貴公子を期待してしまうのは当然であります。出てこいヨアヒム!そしてドッペル!!(超熱望)
ホント、もう…!ね!作家さんありがとうございます。これからもオイシイレオンを期待してます。来週も色んな意味で待ちきれないです。


◆17話「与えられる試練」
―――必ずどこかにヴァルターへと続く道があるはず。憎き相手は一体どこへ?―――


出た!でた!デタ!DETAーーーーーーッ!!!
先週熱望していた二人が姿を見せた…デジコミ17話!ちょっ…どうしよう!どうしようッ!!
万歳!地下瀑布!ブラボー!地下瀑布!! 魔天朧月宮へ遠回り道だっていいじゃNAI?
ステージ全体に響くヴァルタンへの恨み節ってどんだけやヨアヒム。(爆笑)
半魚人相手にナイフ攻撃技も鮮やかですよレオン。
騎士団最強としていくつもの戦火をくぐり抜けてきた実績で鞭の届きにくい近距離攻撃もお手の物!ああレオンッ!
ドッペルが強面で非常に良い。早く!早くぶつかり合っておくれ…!!絡み合え!<鞭が。あくまでも鞭が。(念押し)
来週が楽しみすぎる。
実際のゲームでも黙示録のラインハルトの様に、レオンもサブ攻撃でナイフの近距離攻撃ができたら、もっと面白かったんじゃないかな〜と。ほら、未使用ボタン余ってるしね!
さらに鞭攻撃とコンボになったらば攻撃の幅が広がるとか。左太もものベルトにナイフを装備すれば良い!(広がる妄想)


◆18話「ヨアヒム・アルムスター」
―――自分の影と闘うレオン。そして、更なる強敵が行く手を憚る!―――


レオンのニオイを嗅ぎ分けたいデジコミ18話!
白熱のドッペル対戦ですよ!
もうここは仲良く両方ともレオンで正解ということにしませんか。二人も三人もレオンが増員すれば治まるよ。(何が)
もう少しWレオン対決を粘ってほしかったけれど、助力も遭ってドッペルを撃破。あとで魔天の格闘ドッペルも出てくれるとよいな〜。
ここからはリーザと別れを告げて別行動。
やはりベルモンドたるもの単独で黙々と突き進むのが一番です。
そしていよいよ、恨み節全開のヨアヒムとご対面。
ゲームのそっぽ向きと変わって、デジコミでは待ちポーズがこちら向いてT座りか!!愛しい!
ヨアヒムの年齢は300歳以上…? 少なくとも9世紀以前の人間だったか…おおぅ…。
…ヤバいよ、ヤバい。来週はヨアヒム祭り確実ですよ!どうしよう!ありがとう!ありがとう!!ありがとう!!!
来週の展開に早くも大アバレさッ!散々待ちわびていたレオンと沢山会話しなされ!
閉じこもってるから話相手も居ないんだろうな。(個人的にドッペルとは仲良しだとよい。でもドッペル普段は不定形モンスターで話さないから、やっぱりヨアヒム一人孤独っぽい。だが、それがいい。)
アナザープレイヤーやサントラ曲やブックレット書き下ろし…など、公式から何かと優遇されているヨアヒム。デジコミでの大活躍も楽しみです。
いや〜、ヨアヒム出てきてくれて本当に良かった……。
物語序盤でリナルドから5体のフロアボスの説明が一切無く、もしやヨアもサキュも出ないのでは…と心配していたのでホッと一安心。
もうマジで連載終了後で構わないから単行本化して欲しいんですけど!
携帯電話が媒体だから仕方の無いことだけど、折角一ページ丸ごとの原稿で描かれてるのに、ひとコマずつ切り取られてしまうのは勿体なくてもう…。
紙媒体にしていつでも読みたいんだよね!
もし出たら、居間で読む用と作業部屋で読む用と保管用とで3冊は買うね!
…いかがですか、573様…?
てか、ウチの会社で単行本化させて頂きたいぐらいだよ…ッ!!!!そうしたらJQ橋渡し共同開発じゃない!?(過大妄想)


◆19話「ヴァンパイアに選ばれし者」
―――レオンと対峙したヨアヒムが語る過去とは―。―――


いきなり全画面で何を告白するかヨアヒムーーーーーーーーッ!!!!!!!!
……オイシイじゃないか………。
ヨアヒム祭りで大アバレなデジコミ19話。ヨアヒムと対決その1。
レオンとヨアヒムが沢山会話してる…ッ!!!!うおぉぉぉぁぁぁ…(感激)
とにかくやる気満々なヨアヒムが強い!水牢に捕われて自由が利かないのにも関わらずこの強さはスゴイぞヨアヒム!
あのレオンがちょっと苦戦してませんかッ!!??(弱ヒムの汚名返上か!?笑)
ヨアヒムの過去エピソードも明かされて、ヴァルターとの因縁も出て来たりも。
うんうん、妄想予想通りで良かったです。やはり人間の時は虐げられてたか…。
後ろで髪を結っている姿にも萌え!
「僕は吸血鬼になるべくして選ばれた!」…な高慢っぷりが愛しくてタマリマセンよッ!
来週もヨアヒム戦が続くようで。
水牢はホント良いステージ環境ですね。倒れて起き上がると水滴りますからね。
…レオンに…水が…。(それもう聞いたよ…)
今宵は祝杯だーッ!来週も祝杯だーーッ!!ケーエフシー!ケーエフシー!!(笑)
ホント…マジで単行本化にもして下さい。


◆20話「永遠の崩壊」
―――ヨアヒムの攻撃に苦戦するレオン。その時、背後から―。―――


祝杯どころじゃないデジコミ20話。
前半と後半のテンションの上り下がりがトンデモナイ回でした…。
前半で最高に萌えておきつつ、後半の展開には流石に凹みますな。
いや、前半戦のヨアヒムの楽しそうなイジメっぷりはかなり美味しゅうございましたよ!
何だろうね、レオンを苛めるヨアのあの嬉しそうな顔は…。私もウレシイです。
あと5cm…ッ! 勿体つけず、もう吸血してしまえば良いよッ!!!!
長年幽閉されていて見た目細腕なのにレオンを軽々と持ち上げて締め上げてしまうその強靭な力は流石ヴァンパイアといったところ。レオン、絶体絶命のピンチ…!?
しかしの後半戦。突如助っ人リーザの乱入攻撃に怯んだヨアヒムは水牢の攻撃に大打撃を受けて敗北…。
確かにトドメはレオンの攻撃ではあるけれど、完全に水牢からのダメージが大きいとみた。
いやはや、水牢の能力が強すぎです。
水牢にちょっと触れただけであんに攻撃されるって…、その状況でどれだけ長い事閉じ込められてるのヨアヒム…。
そりゃちょっとぐらい狂いもするわな…。マジ不憫。
(ゲーム通りにレオンからの攻撃だけで倒されて欲しかったんだよね。ヨアヒムが人間だった頃の話を打ち明けていれば、レオンのことだから情けをかけてくれたんでしょうけど…。)
ドッペル戦同様、開祖たるもの自力一人で倒して欲しかったのもありますが、ヨアヒムが紫の霧状にならなかったのでモヤモヤと妄想ネタがまた二、三本増えたとさ。(Let'sポジティブ志向)
あー…サラ早くでてこないかな〜。
デジコミのサラはお年頃でホント可愛い!出てくるだけで癒されます。
ヴァルターとのやりとりが見てェェェェーーーーッ!!!
あ、でも出て来てもこれまた切ない別れが……。セツネェニャー!!!!!


◆21話「激闘へのプロローグ」
―――ヨアヒムを撃破したレオン達だが、重症を負ったリーザにはもはや逃げる力が残っておらず…。怒涛の第一部ファイナル!―――


今回で第一部が完結。デジコミ21話。(打ち切りにならなくて良かった…。)
ヨアヒムの攻撃で相打ちしたリーザと別れ、1人黙々と先へ進むレオン。この一件でレオンのは殺伐度が3ポイントあがりました。
フロアを出たらサキュがいきなり変身なしの素の状態での登場。どうやらレオンとお試しバトルだったもよう。即座に好みのタイプにロックオン!されとりましたね(笑)
ボスとの連戦につき、流石のレオンも体力限界…? 親友の思い出までフラッシュバック。
通常ゲーム通りにステージクリア後→ワープでリナルドの小屋に進んでいないので、ここまでブッ通しだったもんねレオン…。セーブポイントもなしじゃそりゃ倒れるわ。
いや〜…久々に登場した騎士コンビはやはり良いね!!冷静な判断で宥めるマティアスがね、良いんだなコレがッ!(戦闘中は熱いぜ男爵ッ!!)
フラフラしながら仕切り直しでリナルドの小屋へ戻り、漆黒&深紅の石の説明を聞くお約束。

続きの深層部への攻略は第二部へ!!
…最後の捕われサラと、次のコマの邪笑ヴァルターが脳内妄想で一緒のコマに入りましたが何か?
とにかく第一部連載終了お疲れ様でした!
折り返し地点、第二部の連載開始をとても楽しみにしています。(中の人もがんばれ!)
2月の連載開始から毎週金曜朝はテンション最高潮でしたよ。ホント…ヤバイ位に。
来瀬に「朝からハァハァウルサイよw」とか言われる始末。
だってねぇアンタ、CVの週刊マンガだよ!? 発売から3年経っても公式が取り上げてくれただけで、テンション上がるってばさ。
単行本化も願いつつ…! 第二部連載開始を待ってます。

 ▼第二部へ続く