Home | Biography | Timeline | Work List | Musical Language | Works Guide | "Vingt Regards" | Disks | References | Links | My Profile


Olivier Messiaen
Catalogue of Works

メシアン 作品リスト



Work Title
作品名(原題)
Work Title in Japanese
作品名(日本語訳)
Comp. Year
作曲年
Instruments
編成
Publisher
出版社
Pub. Year
出版年
Premiere Year
初演年
Remarks
備考
La Dame de Shalott
pour piano
シャロットの妖姫
/シャロットの婦人
1917 ピアノ 未出版 - - テニスン(A. Tennyson)の"The Lady of Shalott"による。
Deux Ballades de Villon
pour chant et piano
ヴィヨンの二つのバラード 1921 歌、ピアノ 未出版 - - 歌詞:F. ヴィヨン(Villon)。
I. Épître à ses amis I. 友人たちへの書簡





II. Ballade des pendus II. 絞首刑者たちのバラード





La Tristesse d'un grand ciel blanc
pour piano
白き大空の悲しみ 1925 ピアノ 未出版 - -
Esquisse modale
pour orgue
旋法的素描
/モーダルなスケッチ
1927 オルガン 未出版 - -
Fugue en ré mineur
pour orchestre
フーガ ニ短調 1928 オーケストラ 未出版 - - デュカの作曲のクラスの課題で作られたと思われる。
Variations écossaises
pour orgue
スコットランド風変奏曲 1928 オルガン 未出版 - - デュカの作曲のクラスの課題で作られたと思われる。
Le Banquet eucharistique
pour orchestre
聖餐式 1928 オーケストラ 未出版 - 1928 or 1929 一部がオルガン曲"Le Banquet céleste"に用いられた。
Le Banquet céleste
pour orgue
天上の宴
/天上の饗宴
1928 (rev. 1960) オルガン Leduc 1934 (rev. version 1960) 1935 1960年版の楽譜には"1926年作曲"と記載されているが、メシアン自身が「19歳時に 作曲した」と語っている(B. Massin 'Olivier Messiaen: une poétique du merveilleux, pp. 44-5)ことから、1928年が正しいと考えられる。
L'Hôte aimable des âmes
pour orgue
魂の優しい客人
/魂のやさしき主人
1928 オルガン 未出版 - - Hôteには客、主人両方の意味がある。
Préludes
pour piano
前奏曲集 1929 ピアノ Durand 1930 1930 「わが音楽語法」では1929年作曲としているが、1928-29年作曲とする文献もある (Halbreich 1980 p. 204, Griffiths 1985 p. 266)。また、作品名を"Huit Préludes"とする文献もあるが、楽譜には"Huit"の記載はない。
I. La colombe I. 鳩





II. Chant d'extase dans un paysage triste II. 悲しき風景の中の恍惚の歌





III. Le nombre léger III. 軽き数/軽快な韻律





IV. Instants défunts IV. 過ぎ去った瞬間/去りし時/臨終の瞬間





V. Les sons impalpables du rêve... V. 夢の中の触れ得ない音…/夢の中の感じられない音…




"..."は多くのカタログでは省略されている。 楽譜でも目次にはないが、本編にはついている。
VI. Cloches d'angoisse et larmes d'adieu VI. 苦悩の鐘と別離の涙





VII. Plainte calme VII. 静かな嘆き





VIII. Un reflet dans le vent... VIII. 風の中の反映…/風に映える影…




"..."は多くのカタログでは省略されている。 楽譜でも目次にはないが、本編にはついている。
Simple Chant d'une âme
pour orchestre
ある魂の純な歌 1930 オーケストラ 未出版 - -
Diptyque
pour orgue
Essai sur la vie terrestre et l'éternité bienheureuse
二枚折絵/二双画
/二曲屏風
(地上の生と至福の永遠性についてのエッセー)
1930 オルガン Durand 1930 1930 2つの部分の副題は1995年のメシアン自身のプログラムノートにのみ記載されており、楽譜 には記載はない。
I. La vie terrestre I. 地上の生





II. Le Paradis II. 天国





Trois Mélodies
pour chant et piano
三つの歌曲/三つのメロディー 1930 歌(ソプラノ)、ピアノ Durand 1930 1931
I. Pourquoi? I. なぜ?




歌詞:メシアン
II. Le sourire II. ほほえみ




歌詞:C. ソヴァージュ(メシアンの母)
III. La fiancée perdue III. 行方不明の許嫁/失われた婚約者




歌詞:メシアン
Les Offrandes oubliées
Méditation symphonique pour orchestre
忘れられた捧げもの
(交響的瞑想)
1930 オーケストラ Durand 1931 1931 副題は1936.6.3の「若きフランス」旗揚げ演奏会プログラムに記載されたもの。楽譜に は記載はない。
a) La Croix a) 十字架





b) Le péché b) 罪





c) L'Eucharistie c) 聖体





Les Offrandes oubliées
Méditation symphonique pour orchestre
Réduction pour piano à deux mains par l'auteur
忘れられた捧げもの
(交響的瞑想)
―作曲者自身によるピアノ二手用編曲
1930 ピアノ Durand 1931 ? 管弦楽版からの編曲。出版は管弦楽版より9ヶ月早かった。
La Mort du Nombre
Soprano ténor, violon et piano
数の死
/数多くの死
1930 (or 1929?) ソプラノ、テノール、ヴァイオリン、ピアノ Durand 1931 1931 歌詞:メシアン。
1re Âme: soprano; 2me Âme: ténor
「わが音楽語法」では1930年作曲となっているが、CD "Olivier Messiaen: Inédits"のロリオの解説では1929年作曲としている。
Sainte-Bohème (Extrait des Odes funambulesques) 聖なるボヘミアン
(「綱渡りの頌歌」の抜粋)
1930 合唱 未出版 - - ローマ賞応募作品。テオドール・ド・バンヴィル(Théodore de Banville)の詩による。
Fugue sur un sujet de Georges Hüe ジョルジュ・ユーの主題によるフーガ 1930 (or 1931?) 楽器指定なし、4声部 未出版 - - ローマ賞応募作品。
La Jeunesse des vieux 老人の若さ 1931
未出版 - - ローマ賞応募作品。
L'Ensorceleuse
Cantate
カンタータ「魔法使い」 1931 ソプラノ、テノール、バス、ピアノ(またはオーケストラ) 未出版 - 1931 ローマ賞応募作品。'La mer'というタイトルで取り上げている文献(Mari 1965, etc.)もある。
Le Tombeau resplendissant
pour orchestre
輝ける墓 1931 オーケストラ Durand 1997 1933 1997年以前は手書原稿貸出のみであった
Apparition de l'Église Éternelle
pour orgue
永遠の教会の出現 1932 (rev. 1985) オルガン Lemoine 1934 possibly 1932
Hymne au Saint-Sacrement
pour orchestre

Hymne
pour grand orchestre
聖体秘蹟への賛歌

賛歌
1932 (1947, see note) オーケストラ(復元版では大オーケストラ) Broude Brothers original version: before 1939; reconst. version: 1947 original version: 1933; reconst. version: 1947 オリジナルのスコアはDurandより貸し出し譜となっていたが、1944年頃に紛失してし まい、メシアン自身によって1947年に復元された。その際、タイトルが単に'Hymne'となった。
Thème et variations
pour violon et piano
主題と変奏 1932 ヴァイオリン、ピアノ Leduc 1934 1932
Fantaisie Burlesque
pour piano
道化た幻想曲
/ファンテジー・ビュルレスク
1932 ピアノ Durand 1932 1933
L'Ascension
Quatre Méditations symphoniques pour orchestre
昇天
(四つの交響的瞑想)
1932 - 33 オーケストラ Leduc 1948 1935 初演を1934年とする文献もあるが、1935.2.9が正しいと思われる。
I. Majesté du Christ demandant sa gloire à son Père I. 自らの栄光を父に求めるキリストの威厳





II. Alléluias sereins d'une âme qui désire le ciel II. 天国を希求する魂の清らかなアレルヤ





III. Alléluia sur la trompette, Alléluia sur la cymbale! III. トランペットによるアレルヤ、シンバルによるアレルヤ





IV. Prière du Christ montant vers son Père IV. 父のみもとへ帰るキリストの祈り/父のかたに昇りゆくキリストの祈り





Fantaisie
pour violon et piano
幻想曲 1933 ヴァイオリン、ピアノ 未出版 - -
Messe
pour 8 sopranos et 4 violons
ミサ曲 1933 8ソプラノ、4ヴァイオリン 未出版 - -
I. Kyrie I. キリエ





II. Gloria II. グロリア





III. Credo III. クレド





IV. Sanctus IV. サンクトゥス





V. Agnus V. アニュス





L'Ascension
Quatre Méditations symphoniques pour orgue
昇天
(四つの交響的瞑想)
1933 - 34 オルガン Leduc 1934 1935 管弦楽版からの編曲。但し、第3曲のみ新たに作曲。
I. Majesté du Christ demandant sa gloire à son Père I. 自らの栄光を父に求めるキリストの威厳





II. Alléluias sereins d'une âme qui désire le ciel II. 天国を希求する魂の清らかなアレルヤ





III. Transports de joie d'une âme devant la gloire du Christ qui est la sienne III. キリストの栄光を自らのものとした魂の歓喜の高まり





IV. Prière du Christ montant vers son Père IV. 父のみもとへ帰るキリストの祈り/父のかたに昇りゆくキリストの祈り





Vingt Leçons de Solfège Modernes
dans les Sept clés (sans changement de clés)
現代的ソルフェージュの二十の教程
―七つの音部記号による(音部記号の転換なしに)
1933 楽器指定なし Lemoine 1935 - 5題(Nos. 3, 8, 11, 14, 18)のみメシアン作。他はClaude Arrieu (Nos. 4, 10, 16), Georges Dandelot (Nos. 2, 5, 7, 12, 15, 20), Georges Hugon (Nos. 1, 6, 9, 13, 17), Marc Starominsky (No. 19)による。
Morceau
pour piano
ピアノのための小品 1934 ピアノ 未出版 - before 2002
La Nativité du Seigneur
Neuf Méditations pour orgue
主の降誕
(九つの瞑想)
1935 オルガン Leduc 1936 1935 (extract) / 1936 (complete)
1er Fascicule 第1冊





I. La Vierge et l'Enfant I. 聖母とみどり児





II. Les Bergers II. 羊飼いたち





III. Desseins éternels III. 永遠の摂理





2e Fascicule 第2冊





IV. Le Verbe IV. 御言葉





V. Les Enfants de Dieu V. 神の子たち





3e Fascicule 第3冊





VI. Les Anges VI. 天使たち





VII. Jésus accepte la souffrance VII. イエスは苦しみを受容し給う





VIII. Les Mages VIII. 東方の三博士





4e Fascicule 第4冊





IX. Dieu parmi nous IX. 神は私たちとともに





Vocalise-étude
pour voix élevées
ヴォカリーズ・エテュード 1935 高い声、ピアノ Leduc 1935 1935?
Pièce
pour le Tombeau de Paul Dukas
ポール・デュカの墓のための小品
/ポール・デュカスの墓への小曲
1935 ピアノ La Revue Musicale / Durand 1936 1936 La Revue musicale 1936年5, 6月号の付録'Le Tombeau de Paul Dukas: Neuf pièces inédites composées pour piano, à la mémoire de Paul Dukas.'に収録されていた。他にファリャ、ピエルネ、ロドリーゴの作品がおさめられている。
Poèmes pour Mi
Chant et piano
/ Grand soprano dramatique et piano
ミのための詩 1936 歌(第2版以降はドラマティック・ソプラノ)、ピアノ Durand 1937 1937 歌詞:メシアン。翌年管弦楽伴奏に編曲されるが、この時より声の指定が"Grand Soprano dramatique"になった。ピアノ伴奏版も1950年の第2版以降は同様の指定になっている。初演した歌手、Marcelle Bunletが優れたワグネリアン・シンガーだった事に影響を受けた。
Ier Livre 第I巻





I. Action de grâces I. 感謝の祈り/恩寵の行為





II. Paysage II. 風景





III. La Maison III. 家





IV. Épouvante IV. 恐怖





IIme Livre 第II巻





V. L'Épouse V. 妻





VI. Ta voix VI. お前の声





VII. Les deux guerriers VII. 二人の戦士





VIII. Le collier VIII. 首飾り





IX. Prière exaucée IX. 叶えられた祈り





Poèmes pour Mi
Grand soprano dramatique et orchestre
ミのための詩 1937 ドラマティック・ソプラノ、管弦楽 Durand 1939 1937 (I only); 1946 (complete) 管弦楽伴奏への編曲版
Ier Livre 第I巻





I. Action de grâces I. 感謝の祈り/恩寵の行為





II. Paysage II. 風景





III. La Maison III. 家





IV. Épouvante IV. 恐怖





II Livre 第II巻





V. L'Épouse V. 妻





VI. Ta voix VI. お前の声





VII. Les deux guerriers VII. 二人の戦士





VIII. Le collier VIII. 首飾り





IX. Prière exaucée IX. 叶えられた祈り





O sacrum convivium!
Motet au Saint-Sacrement pour chœur à quatre voix mixtes ou quatre solistes (avec accompagnement d'orgue ad libitum)
おお聖なる饗宴
(聖体秘蹟へのモテット)
1937 無伴奏混声4部合唱 または 4人のソリスト(アドリブでオルガン伴奏) Durand 1937 not known, possibly 1937
Fête des belles eaux
pour six Ondes Martenot
美しき水の祭典 1937 オンド・マルトノ六重奏 未出版(一部のみ引用された事あり) - 1937 1937年の博覧会(Exposition Internationale des Arts et des Techniques appliqués à la vie moderne)における音と水と光の祭典(Fêtes du son, de l'eau, et de la lumière)のためにパリ市より委嘱。同時にミヨー、オネゲル、イベール、ケクランら計20人が委嘱を受けた。ジャンヌ・ロリオ六重奏団 (Sextuor Jeanne Loriod)による3度の録音あり。
Chants de Terre et de Ciel
Soprano et piano
地と天の歌
/天と地の歌
1938 ソプラノ、ピアノ Durand 1939 1939 歌詞:メシアン。1939年1月23日の初演時は"Prismes"という作品名で紹介され たが、4月の出版時に現在の作品名がつけられた
I. Bail avec Mi (pour ma Femme) I. ミとの長い時間(わが妻のために)





II. Antienne du silence (pour le jour des Anges gardiens) II. 沈黙のアンティフォナ/沈黙の賛歌(守護天使の日のために)





III. Danse du bébé-Pilule (pour mon petit Pascal) III. 赤ん坊ピリュールの踊り/丸薬坊やの踊り(私の小さなパスカルのために)





IV. Arc-en-ciel d'innocence (pour mon petit Pascal) IV. 無垢の虹/無邪気な虹(私の小さなパスカルのために)





V. Minuit pile et face (pour la Mort) V. 真夜中の裏表(死のために)





VI. Résurrection (pour le jour de Pâques) VI. 復活(復活祭の日のために)





Deux Monodies en quarts de ton
pour une Onde Martenot seule
四分音による二つのモノディー 1938 オンド・マルトノ独奏 未出版 - -
Les Corps glorieux
Sept Visions brèves de la Vie des Ressuscités pour orgue
栄光に輝く身体
/栄光のからだ
/至福を授けられた者たち
(甦りしものたちの命の七つの短い幻影)
1939 オルガン Leduc 1942 1943 召集前に作曲された最後の作品。
栄光に輝く身体:復活後至福を受けた身体のこと。
1er Fascicule 第1巻





I. Subtilité des Corps glorieux I. 栄光に輝く身体の精妙さ





II. Les Eaux de la Grâce II. 恩寵の泉/恩寵の水





III. L'Ange aux parfums III. 芳香をもつ天使





2e Fascicule 第2巻





IV. Combat de la mort et de la vie IV. 死と生の闘い





3e Fascicule 第3巻





V. Force et Agilité des Corps glorieux V. 栄光に輝く身体の力と敏捷さ/栄光のからだの力と軽快さ





VI. Joie et Clarté des Corps glorieux VI. 栄光に輝く身体の喜びと明るさ/栄光のからだの歓喜と輝き





VII. Le Mystère de la Sainte Trinité VII. 聖三位一体の神秘/聖三位一体の玄義





Vingt leçons d'harmonie
Dans le style de quelques auteurs importants de "L'Histoire Harmonique" de la musique depuis Monteverdi jusqu'a Ravel
和声の二十の教程
(モンテヴェルディからラヴェルに至る音楽の「和声史」上重要な数名の作曲家の様式による)
1939 楽器指定なし、4声部 Leduc 1940 -
1. Chant donné (dans le style de Monteverdi) 1. 与えられた歌(モンテヴェルディの様式による)





2. Chant donné (dans le style d'un Passepied de Rameau) 2. 与えられた歌(ラモーのパスピエの様式による)





3. Basse donnée (dans le style des chorals de J. S. Bach) 3. 与えられた低音(J. S. バッハのコラールの様式による)





4. Basse donnée (dans le style d'un Prélude de J. S. Bach) 4. 与えられた低音(J. S. バッハの前奏曲の様式による)





5. Basse donnée (dans le style des sonates en trio pour orgue de J. S. Bach) 5. 与えられた低音(J. S. バッハのオルガンのためのトリオ・ソナタの様式による)





6. Chant donné (dans le style de Gluck) 6. 与えられた歌(グルックの様式による)





7. Basse donnée (dans le style des quatuors à cordes de Mozart) 7. 与えられた低音(モーツァルトの弦楽四重奏の様式による)





8. Chant donnée (dans le style des quatuors à cordes de Mozart) 8. 与えられた歌(モーツァルトの弦楽四重奏の様式による)





9. Basse donnée (dans le style de Schumann) 9. 与えられた低音(シューマンの様式による)





10. Chant donné (dans le style des canons de César Franck) 10. 与えられた歌(セザール・フランクのカノンの様式による)





11. Basse donnée (style mi-Schumann, mi-Lalo) 11. 与えられた低音(半ばシューマン、半ばラロの様式)





12. Chant donné (style mi-Chabrier, mi-Massenet) 12. 与えられた歌(半ばシャブリエ、半ばマスネの様式)





13. Basse donnée (dans le style de la Sicilienne de Fauré) 13. 与えられた低音(フォーレのシシリエンヌの様式による)





14. Chant donné (style très hybride: un peu Schumann, [...] Fauré, [...] Albeniz) 14. 与えられた歌(シューマン、フォーレ、アルベニスを非常に混合した様式)





15. Chant donné (style mi-Franck, mi-Debussy) 15. 与えられた歌(半ばフランク、半ばドビュッシーの様式)





16. Chant donné (style mi-Massenet, mi-Debussy) 16. 与えられた歌(半ばマスネ、半ばドビュッシーの様式)





17. Chant donné (style mi-Chabrier, mi-Debussy) 17. 与えられた歌(半ばシャブリエ、半ばドビュッシーの様式)





18. Chant donnée (dans le style du "Pelléas et Mélisande" de Cl. Debussy) 18. 与えられた歌(Cl. ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」の様式による)





19. Chant donnée (à 5 voix, dans le style de Maurice Ravel) 19. 与えられた歌(5声のための、モーリス・ラヴェルの様式による)





20. Chant donné (style très spécial, se rapprochant un peu des cantilènes hindoues) 20. . 与えられた歌(非常に特別な、ヒンドゥーのカンティレーナに少し類似した様式)




カンティレーナ:中世音楽でモテットに対して世俗声楽曲
Quatuor pour la Fin du Temps
Violon, clarinette en si bémol, violoncelle et piano
時の終わりのための四重奏曲
/世の終わりのための四重奏曲
1940 - 41 ヴァイオリン、クラリネット、チェロ、ピアノ Durand 1942 1941 捕虜収容所内にて作曲、初演
I. Liturgie de cristal I. 水晶の典礼





II. Vocalise, pour l'Ange qui annonce la fin du Temps II. ヴォカリーズ、時の終わりを告げる天使のために/世の終わりを告げる天使のためのヴォカリーズ





III. Abîme des oiseaux III. 鳥たちの深淵
Cl独奏



IV. Intermède IV. 間奏曲
Vn, Cl, Vc



V. Louange à l'Éternité de Jésus V. イエスの永遠性への讃美/イエスの永遠性への賛歌
Vc, Pf


「美しき水の祭典」(1937)の一部の編曲。
VI. Danse de la fureur, pour les sept trompettes VI. 怒りの踊り、七つのトランペットのために/7つのトランペットのための狂乱の踊り





VII. Fouillis d'arcs-en-ciel, pour l'Ange qui annonce la fin du Temps VII. 虹の錯乱、時の終わりを告げる天使のために/世の終わりを告げる天使のための虹の混乱





VIII. Louange à l'Immortalité de Jésus VIII. イエスの不死性への讃美/イエスの不滅性への賛歌
Vn, Pf


「二枚折絵」(1930)の後半の編曲。
Chœurs pour une Jeanne d'Arc
pour grand chœur et petit chœur mixtes, a cappella
あるジャンヌ・ダルク劇のための合唱曲 1941 無伴奏大合唱および小合唱 未出版 - -
I. Te Deum I. テ・デウム





II. Impropères II. インプロペリア





インプロペリア:聖金曜日の典礼聖歌。十字架上のキリストの不信仰者に対 するとがめを内容とする交誦。
Musique de scène pour un Œdipe
pour une Onde Martenot seule
あるオイディプス劇のための場面の音楽 1942 オンド・マルトノ独奏 未出版 - -
Technique de mon langage musical わが音楽語法 1942 - Leduc 1944 - 「あるオイディプス劇のための場面の音楽」と「わが音楽語法」のどちらが先に書かれたかは不 明。
Rondeau
pour piano
(Concours du Conservatoire National de Musique de Paris)
ロンドー 1943 ピアノ Leduc 1943 1943 パリコンセルヴァトワールの試験課題曲。初演時の1等賞はY. LoriodとJean-Michel Damaseであった。
Visions de l'Amen
pour deux pianos
アーメンの幻影
/アーメンの幻視
1943 2台のピアノ Durand 1950 1943 Concerts de La Pléiadeのdirector、Denise Tualの要請によって書かれた。初演時のピアノはGaveau。
I. Amen de la Création I. 創造のアーメン





II. Amen des étoiles, de la planète à l'anneau II. 星たちと環を持った惑星のアーメン





III. Amen de l'Agonie de Jésus III. イエスの苦悶のアーメン





IV. Amen du Désir IV. 欲望のアーメン/願いのアーメン





V. Amen des Anges, des Saints, du chant des oiseux V. 天使たち、聖者たちと鳥たちの歌のアーメン





VI. Amen du Jugement VI. 審判のアーメン





VII. Amen de la Consommation VII. 成就のアーメン





Trois petites Liturgies de la Présence Divine
pour piano solo, Onde Martenot solo, célesta, vibraphone, batterie, chœur de voix de femmes à l'unisson, et orchestre à cordes
神の現存の三つの小典礼
/神の臨在の三つの小礼拝楽
1943 - 44 ピアノ独奏、オンド・マルトノ独奏、チェレスタ、ヴィブラホーン、マラカス、ユニゾンの女声合唱、弦楽オー ケストラ Durand 1952 1945 歌詞:メシアン。Concerts de La Pléiadeのために書かれた。当初は2台ピアノの曲として想定されていた。初演時のピアノはPleyel。
I. Antienne de la Conversation intérieure (Dieu présent en nous...) I. 内面の語らいのアンティフォナ/内的対話の賛歌(神は我等のうちに現存する…)




アンティフォナ:詩篇の各節毎に歌われる、合唱による繰り返し。 あるいは詩篇の前および後のソロによる繰り返しを言う。交誦。
II. Séquence du Verbe, Cantique Divin (Dieu présent en lui-même...) II. 御言葉のセクエンツィア、聖なるカンティクム/ことば、神の頌歌の追唱(神は自らのうちに現存する…)




セクエンツィア:アレルヤ誦の後で歌われるリズミカルな曲。続誦。
III. Psalmodie de l'Ubiquité par amour (Dieu présent en toutes choses...) III. 愛による遍在のプサルモディア/愛によるキリストの遍在の詠唱(神 はすべてのもののうちに現存する…)




プサルモディア:詩篇の頌唱、あるいは頌読。
Vingt regards sur l'Enfant-Jésus
pour piano
みどり児イエスに注ぐ二十のまなざし
/幼児イエスにそそぐ20のまなざし
/幼子イエスへの二十の眼差し
1944 ピアノ Durand 1947 1944 (X, XV), 1945 (complete) 初演時のピアノはGaveau。
I. Regard du Père I. 父のまなざし/父なる神のまなざし





II. Regard de l'étoile II. 星のまなざし





III. L'échange III. 交換/神と人とのなりかわり





IV. Regard de la Vierge IV. 聖母のまなざし





V. Regard du Fils sur le Fils V. 御子にそそぐ御子のまなざし/子をみつめる子のまなざし/御子の御子への眼差し





VI. Par Lui tout a été fait VI. 御言葉によってすべては成されたり/それによりてすべては成された





VII. Regard de la Croix VII. 十字架のまなざし





VIII. Regard des hauteurs VIII. 高きところのまなざし/高き御空のまなざし





IX. Regard du temps IX. 時のまなざし





X. Regard de l'Esprit de joie X. 喜びの聖霊のまなざし





XI. Première communion de la Vierge XI. 聖母の最初の聖体拝受/聖母の最初の聖体拝領/聖母の初聖体





XII. La parole toute-puissante XII. 全能のことば





XIII. Noël XIII. ノエル/クリスマス





XIV. Regard des Anges XIV. 天使たちのまなざし





XV. Le baiser de l'Enfant-Jésus XV. みどり児イエスのくちづけ/幼子イエスの接吻





XVI. Regard des prophètes, des bergers et des Mages XVI. 預言者たち、羊飼たちと東方の三博士のまなざし





XVII. Regard du silence XVII. 沈黙のまなざし





XVIII. Regard de l'Onction terrible XVIII. 恐るべき塗油のまなざし/恐るべき終油のまなざし/恐ろしい抹油式のまなざし




onctionには「感動」の意味もある。
XIX. Je dors, mais mon cœur veille XIX. 我は眠る、されど我が心は目覚め





XX. Regard de l'Eglise d'amour XX. 愛の教会のまなざし




楽譜表記は"l'Église"のアクサン・テギュが省略され、 "l'Eglise"となっているため、これに従った。
Harawi
Chant d'Amour et de Mort
pour chant et piano
ハラウィ
(愛と死の歌)
1945 歌(ソプラノ)、ピアノ Leduc 1949 1946 歌詞:メシアン、ペルーに伝わるケチュア語の伝承詩(インカ帝国の悲恋物語)による。
I. La ville qui dormait, toi I. 眠っていた町、おまえよ





II. Bonjour toi, colombe verte II. こんにちはおまえ、緑の鳩よ





III. Montagnes III. 山々





IV. Doundou Tchil IV. ドゥンドゥ・チル





V. L'amour de Piroutcha V. ピルーチャの愛





VI. Répétition planétaire VI. 惑星の回帰/遊星の反復運行





VII. Adieu VII. さらば/告別





VIII. Syllabes VIII. 音節/シラブル





IX. L'escalier redit, gestes du soleil IX. 繰り返しの階段、太陽の身振り/階段は繰り返し話す、太陽の偉業を/階段は再び話す、太陽の仕草で





X. Amour, oiseau d'étoile X. 愛、星の鳥





XI. Katchikatchi les étoiles XI. カチカチ、星たち/星たちのカチカチ





XII. Dans le noir XII. 闇の中で





Pièce
pour hautbois et piano
オーボエとピアノのための小品 1945 オーボエ、ピアノ 未出版 - before 2002
Tristan et Yseult - Thème d'Amour
pour orgue
トリスタンとイゾルデ
―愛の主題
1945 オルガン 未出版 - before 2002
Chant des Déportés
pour chœur et orchestre
抑留者たちの歌 before 1945 混声合唱、オーケストラ Leduc 1998 1945 Henri Barraud, Director of Music at Radio Franceより委嘱。初演後、楽譜が紛失していたが、1991年になってRadio Franceの図書室より発見された。
Turangalîla-Symphonie
pour piano principal et grand orchestre
トゥランガリーラ交響曲
/トゥーランガリーラ交響曲
1946 - 48 (rev. 1990) ピアノ、オンド・マルトノ、大オーケストラ Durand 1953 (original version), 1992 (revised version) 1949 ボストン交響楽団のためにSerge Koussevitzky、Nathalie Koussevitzkyとクーセヴィツキー財団(Koussevitzky Foundation)より委嘱。初演時のピアノはBaldwin。
I. Introduction I. 導入部/イントロダクション





II. Chant d'amour 1 II. 愛の歌 1





III. Turangalîla 1 III. トゥランガリーラ 1





IV. Chant d'amour 2 IV. 愛の歌 2





V. Joie du sang des étoiles V. 星たちの血の喜び





VI. Jardin du sommeil d'amour VI. 愛の眠りの園





VII. Turangalîla 2 VII. トゥランガリーラ 2





VIII. Développement de l'amour VIII. 愛の展開/愛の敷衍





IX. Turangalîla 3 IX. トゥランガリーラ 3





X. Final X. 終曲/フィナーレ





Cantéyodjayâ
pour piano
カンテヨジャーヤー
/カンテヨヂャヤー
1948 ピアノ Universal 1953 1954
Cinq Rechants
pour 12 voix mixtes
(3 sopranos, 3 contraltos, 3 ténors, 3 basses)
五つのルシャン 1948 無伴奏混声十二声部 Rouart, Lerolle & Cie (販売はSalabertより) 1949 1949 歌詞:メシアン。「ルシャン」は「ルフラン」の古語。
Quatre Études de rythme
pour piano
四つのリズムのエテュード
/4つのリズムエチュード
1949 - 50 ピアノ Durand 1950 1950 4曲別々に出版され、後にこれらをまとめて"Quatre Études de rythme"のタイトルがつけられた
I. Île de feu I I. 火の島 I 1950

1950

II. Mode de valeurs et d'intensités II. 音価と強度のモード 1949

1950

III. Neumes rythmiques III. リズム的ネウマ/リズムを持った音符群 1949

1950

IV. Île de feu II IV. 火の島 II 1950

1950

Messe de la Pentecôte
pour orgue
聖霊降臨節のミサ曲
/聖霊降臨祭のミサ
1949 - 50 オルガン Leduc 1951 1951 メシアンがサン・トリニテ教会で行って来た即興演奏の集大成としてまとめられたもの。
聖霊降臨祭:復活祭後の第7日曜日のこと。
I. Entrée (Les langues de feu) I. 入祭(火の舌/火のことば)





II. Offertoire (Les choses visibles et invisibles) II. 奉献/奉献式(見えるものと見えないもの)





III. Consécration (Le don de Sagesse) III. 聖別/祝聖式(知恵の贈物)





IV. Communion (Les oiseaux et les sources) IV. 聖体拝受/聖体拝領(鳥たちと泉)





V. Sortie (Le vent de l'Esprit) V. 閉祭(聖霊の風)





Le Merle noir
pour flûte et piano
(Concours du Conservatoire National de Musique)
クロウタドリ 1951 フルート、ピアノ Leduc 1952 1951 パリコンセルヴァトワールの試験課題曲。従来「クロツグミ」と訳されている事が多いが、これ は別種の鳥で、東アジアにしか生息しない。
Livre d'orgue
Sept pièces pour orgue
オルガンの書
(七つの小品)
1951 オルガン Leduc 1953 1952
I. Reprises par interversion I. 置換による反復





II. Pièce en trio
Pour le Dimanche de la Sainte-Trinité
II. トリオの曲(聖三位一体の主日のための)





III. Les Mains de l'abîme
Pour les Temps de Pénitence
III. 深淵の手(悔悛の時のための)





IV. Chants d'oiseaux
Pour le Temps Pascal
IV. 鳥たちの歌(復活祭の時のための)





V. Pièce en trio
Pour le Dimanche de la Sainte-Trinité
V. トリオの曲(聖三位一体の主日のための)





VI. Les Yeux dans les roues
Pour le Dimanche de la Pentecôte
VI. 車輪の中の目(聖霊降臨祭の主日のための)





VII. Soixante-Quatre durées VII. 六十四の持続





Timbres-Durées 音色―持続 1952 具体音音楽(ミュージック・コンクレート) 未出版(一部のみ引用された事あり) - 1952?
/1953
実際の具体音化作業はピエール・アンリ(Pierre Henry)が担当。メシアン自身はこの作品には不満で、後に撤回した。
64 Leçons d'Harmonie
offertes en hommage à Jean GALLON
par ses élèves
Prix d'Harmonie entre 1919 et 1948
和声の64の教程
―ジャン・ガロンをたたえて贈られた
(1919年から1948年の間に和声の賞をとった彼弟子たちによる)
before 1953 楽器指定なし、4声部 Durand 1953 - Jean Gallonの弟子64人による共著。メシアンはこの内の一つの"Chant donné"を担当した。共著者はロベール・カサドシュ、モーリス・デュルフレやアンリ・デュティユーら。
Réveil des oiseaux
pour piano solo et orchestre
鳥たちの目覚め 1953 (rev. 1988) ピアノ、オーケストラ Durand 1955 1953
Oiseaux exotiques
pour piano solo et petit orchestre
異国の鳥たち 1955 - 56 ピアノ、小オーケストラ(弦楽器なし) Universal 1960 1956
Catalogue d'oiseaux
pour piano
鳥のカタログ 1956 - 58 ピアノ Leduc 1964 1957 (7 pieces), 1958 (VII), 1959 (complete)
1er Livre 第1巻





I. Le Chocard des Alpes I. キバシガラス





II. Le Loriot II. ニシコウライウグイス




「キガシラコウライウグイス」と表記されている事が多いが、メシアンの記した学名"Oriolus oriolus"に相当する一般的な和名は「ニシコウライウグイス」。
III. Le Merle bleu III. イソヒヨドリ





2e Livre 第2巻





IV. Le Traquet stapazin IV. カオグロサバクヒタキ




「カオグロヒタキ」と表記されている事が多いが、メシアンの記した学名"Oenanthe hispanica"に相当する正しい和名は「カオグロサバクヒタキ」。「カオグロヒタキ」は別種"Ficedula tricolor"を指すことがある。
3e Livre 第3巻





V. La Chouette hulotte V. モリフクロウ





VI. L'Alouette lulu VI. モリヒバリ





4e Livre 第4巻





VII. La Rousserolle effarvatte VII. ヨーロッパヨシキリ





5e Livre 第5巻





VIII. L'Alouette calandrelle VIII. ヒメコウテンシ





IX. La Bouscarle IX. ヨーロッパウグイス





6e Livre 第6巻





X. Le Merle de roche X. コシジロイソヒヨドリ





7e Livre 第7巻





XI. La Buse variable XI. ノスリ





XII. Le Traquet rieur XII. クロサバクヒタキ





XIII. Le Courlis cendré XIII. ダイシャクシギ





Chronochromie
pour grand orchestre
クロノクロミー 1959 - 60 大オーケストラ Leduc 1963 1960 Heinrich StrobelとSüdwestfunkより委嘱。題名はギリシア語の「クロノス(時)」と「クロマ(色彩)」の合成。
Introduction イントロダクション/序奏





Strophe I ストロフ I





Antistrophe I アンティストロフ I





Strophe II ストロフ II





Antistrophe II アンティストロフ II





Épôde エポード





Coda コーダ





Verset pour la fête de la Dédicace
pour orgue
(Concours du Conservatoire National Supérieur de Musique de Paris)
献堂祭のための唱句
/献堂式のためのヴェルセ
1960 オルガン Leduc 1961 1961 パリコンセルヴァトワールの試験課題曲。
Sept Haïkaï
Esquisses japonaises pour piano solo et petit orchestre
七つの俳諧
(日本の素描)
1962 ピアノ独奏、小オーケストラ Leduc 1966 1963 1962年日本滞在の印象から作曲。
I. Introduction I. イントロダクション/序奏





II. Le parc de Nara et les lanternes de pierre II. 奈良公園と石灯籠





III. Yamanaka-cadenza III. 山中 ― カデンツァ





IV. Gagaku IV. 雅楽





V. Miyajima et le torii dans la mer V. 宮島と海中の鳥居





VI. Les oiseaux de Karuizawa VI. 軽井沢の鳥たち





VII. Coda VII. コーダ





Monodie
pour orgue
モノディー 1963 オルガン Leduc 1998 1963 スコラ・カントルムの試験課題曲(恐らく初見用)として書かれ、1998年の出版までは一般 に知られていなかった。
Couleurs de la Cité céleste
pour piano solo, 3 clarinettes, 3 xylos, orchestre de cuivres, et percussions métalliques
天国の色彩
/天の都の色彩
1963 ピアノ独奏、シロフォン、シロリンバ、マリンバ、3クラリネット、金管オーケストラ、金属打楽器 Leduc 1967 1964 ドナウエッシンゲン・フェスティバルのためにHeinrich Strobelより委嘱。
Et exspecto resurrectionem mortuorum
pour orchestre de bois, cuivres, et percussions métalliques
さらば死者たちの蘇生を望まん
/われ死者の復活を待ち望む
1964 木管と金管のオーケストラ、金属打楽器 Leduc 1967 1965 第2次世界大戦で死んだ人々を追悼するために当時のフランス文化相マルロー(André Malraux)より委嘱。
I. Des profondeurs de l'abîme, je crie vers toi, Seigneur: Seigneur, écoute ma voix! I. 深い淵の底から、主よ、あなたを呼びます:主よ、この声を聞き取ってください




詩篇 130、1-2
II. Le Christ, ressuscité des morts, ne meurt plus; la mort n'a plus sur lui d'empire II. 死者たちの中から復活させられたキリストは、もはや死ぬことはない;死はもはやキリストを支配しない




ローマ人への手紙 6、9
III. L'heure vient où les morts entendront la voix du Fils de Dieu... III. 死者たちが神の子の声を聞く時が来る…




ヨハネによる福音書 5、25
IV. Ils ressusciteront, glorieux, avec un nom nouveau - dans le concert joyeux des étoiles et les acclamations des fils du ciel IV. 死者たちは、星たちの喜びの歌声と天の子らの歓声の中で、新しい名とともに、輝かしいものに復活するであろう




コリント人への手紙 15、43 - ヨハネの黙示録 2、1 - ヨブ記 38、7
V. Et j'entendis la voix d'une foule immense... V. そして私は大群衆の声を聞いた




ヨハネの黙示録 19、6
Prélude
pour piano
前奏曲 1964 ピアノ Durand 2001or before ?
La Transfiguration de Notre-Seigneur Jésus-Christ
pour chœur mixte, sept solistes instrumentaux, et un très grand orchestre
我等が主イエス・キリストの変容 1965 - 69 混声合唱(10声部100人)、7人の器楽独奏者(ピアノ、チェロ、フルート、クラリネット、シロリンバ、 ヴィブラフォーン、マリンバ)、非常に大きなオーケストラ Leduc 1972 1969 歌詞:マタイ福音書,詩編,創世記,ソロモンの知恵の書,ピリピ書,ヘブル書,トマス・ア クィナスの<神学大全>,降誕祭および主の変容の祝日の式文ならびに賛歌より。 グルベンキアン財団と第13回グルベンキアン・フェスティバルのために Madame de Azeredo Perdigãoより委嘱。
Premier Septénaire 第一セプテネール/第一の七連





I. Récit Évangélique I. 福音の朗唱





II. Configuratum corpori claritatis suae II. ソガ明ルキ身体ノ姿





III. Christus Jesus, splendor patris III. イエス・キリスト、父ナルモノノ光輝





IV. Récit Évangélique IV. 福音の朗唱





V. Quam dilecta tabernacula tua V. 汝ガ神殿ノ如何ニ美事ナル





VI. Candor est lucis aeternae VI. 永遠ノ光ノ輝キ





VII. Choral de la Sainte Montagne VII. 聖なる山のコラール





Deuxième Septénaire 第二セプテネール/第二の七連





VIII. Récit Évangélique VIII. 福音の朗唱





IX. Perfecte conscius illius perfectae generationis IX. ソガ全キ源ヲ完全ニ識リ





X. Adoptionem filiorum perfectam X. 全キ子等ノ認知





XI. Récit Évangélique XI. 福音の朗唱





XII. Terribilis est locus iste XII. 恐シキ此ノ処





XIII. Tota Trinitas apparuit XIII. 三位一体全テ現ル





XIV. Choral de la Lumière de Gloire XIV. 栄光の光のコラール





Méditations sur le Mystère de la Sainte Trinité
pour orgue
聖三位一体の神秘についての瞑想 1969 オルガン Leduc 1973 1972 初版では各曲の標題はなく、単に番号しかついていなかったが、 1995年にサン・トリニテ教会で行われたメシアンオルガン作品全曲演奏会の折に標題が付けられた。
I. Le Père inengendré I. 生み出されぬ父





II. La Sainteté de Jésus Christ II. イエス・キリストの聖性





III. La relation réelle en Dieu est réellement identique à l'essence III. 神に実在する関係は本質と実在上同一である





IV. Je suis, Je suis! IV. 私はある、私はある!





V. Dieu est immense, éternel, immuable - Le Souffle de l'Esprit - Dieu est Amour V. 神は無限であり、永遠であり、不変である ― 聖霊の息吹き ― 神は愛である





VI. Le Fils, Verbe et Lumière VI. 御子、御言葉と光





VII. Le Père et le Fils aiment par le Saint-Esprit eux-mêmes et nous VII. 父と子は聖霊によって、自らを、そして我々を愛する





VIII. Dieu est simple VIII. 神は単一である





IX. Je suis Celui qui suis IX. 私はあるという者だ





La Fauvette des jardins
pour piano
ニワムシクイ 1970 ピアノ Leduc 1972 1972
Le tombeau de Jean-Pierre Guezec ジャン=ピエール・ゲゼックの墓 1971 ホルン Leduc? - - いくつかのカタログに記載ある作品だが、後に「峡谷から星たちへ…」に第6曲「恒星間の呼び声」として組み込まれた?
Des Canyons aux étoiles...
pour piano solo, cor, xylorimba, glockenspiel et orchestre
峡谷から星たちへ… 1971 - 74 ピアノ独奏、ホルン独奏、シロリンバ、グロッケンシュピール、オーケストラ(打楽器中にエオリオフォーンお よびジェオフォーン) Leduc 1978 1974 Miss Alice Tullyより委嘱。アメリカのユタ州旅行の印象から作曲。
Première partie 第一部





I. Le désert I. 砂漠





II. Les Orioles II. ムクドリモドキたち





III. Ce qui est écrit sur les étoiles... III. 星たちの上に書かれしもの…





IV. Le Cossyphe d'Heuglin IV. マミジロオニヒタキ
ピアノ独奏



V. Cedar Breaks et le Don de Crainte V. シーダー・ブレイクスと畏怖の贈り物





Deuxième partie 第二部





VI. Appel interstellaire VI. 恒星間の呼び声
ホルン独奏



VII. Bryce Canyon et les rochers rouge-orange VII. ブライス・キャニオンの赤橙色の岩





Troisième partie 第三部





VIII. Les ressuscités et le chant de l'étoile Aldébaran VIII. 甦りし者たちとアルデバランの星の歌





IX. Le Moqueur polyglotte IX. マネシツグミ
ピアノ独奏



X. La Grive des bois X. モリツグミ





XI. Omao, Leiothrix, Elepaio, Shama XI. ハワイツグミ、ソウシチョウ、ハワイヒタキ、アカハラシキチョウ





XII. Zion Park et la Cité Céleste XII. ザイオン公園と天国





Saint François d'Assise
(Scènes Franciscaines)
Opéra en 3 actes et 8 tableaux
アッシジの聖フランチェスコ
(フランシスコ会の情景)

3幕8場のオペラ
1975 - 83 独唱歌手7名、混声合唱、非常に大きなオーケストラ(3台のオンド・マルトノを含む) Leduc 1983 (libretto), 1988-1992 (score) 1983 歌詞:メシアン。パリオペラ座のためにRolf Liebermannより委嘱。作曲順は4→2→3→5→7→8→1→6。
Acte I 第一幕





Premier tableau: La Croix 第一場:十字架


1991

Deuxième tableau: Les Laudes 第二場:讃課


1991

Troisième tableau: Le baiser aux lépreux 第三場:癩者への接吻


1988

Acte II 第二幕





Quatrième tableau: L'Ange voyageur 第四場:旅ゆく天使/旅人たる天使


1992

Cinquième tableau: L'Ange musicien 第五場:音楽を奏する天使/音楽家たる天使


1992

Sixème tableau: Le prêche aux oiseaux 第六場:鳥たちへの説法


1989

Acte III 第三幕





Septième tableau: Les Stigmates 第七場:聖痕


1990

Huitième tableau: La mort et la nouvelle vie 第八場:死と新しい生


1991

Livre du Saint Sacrement
pour orgue
聖体秘蹟の書 1984 オルガン Leduc 1989 1986 デトロイト市とAmerican Guild of Organistsより委嘱
I. Adoro te I. アドロ・テ(汝ヲ讃エム)





II. La Source de Vie II. 生命の泉/生命の源泉





III. Le Dieu caché III. 隠れたる神/身を隠し給う神





IV. Acte de Foi IV. 信仰の行為/信徳唱





V. Puer natus est nobis V. 生レシ子我等ノ/嬰児ガ我等ノ為ニ生マレリ





VI. La manne et le Pain de Vie VI. マンナと命のパン




マンナ[マナ]:聖書にある、神から与えられたという食物
VII. Les ressuscités et la lumière de Vie VII. 復活させられた人々と命の光/蘇生(よみがえ)りし者たちと生命の光





VIII. Institution de l'Eucharistie VIII. 聖体の秘蹟の制定





IX. Les ténèbres IX. 闇





X. La Résurrection du Christ X. キリストの復活





XI. L'apparition du Christ ressuscité à Marie-Madeleine XI. 復活したキリスト、マグダラのマリアに現れる





XII. La Transsubstantiation XII. 聖変化




聖変化[実体変化]:パンとぶどう酒がキリストの身体と血に変わる事
XIII. Les deux murailles d'eau XIII. 水の二つの壁





XIV. Prière avant la communion XIV. 聖体拝受前の祈り/聖体拝領前の祈り





XV. La joie de la grâce XV. 恩寵の喜び





XVI. Prière après la communion XVI. 聖体拝受後の祈り/聖体拝領後の祈り





XVII. La Présence multipliée XVII. さまざまな現存/繰り返す臨在





XVIII. Offrande et Alléluia final XVIII. 捧げものと最後のアレルヤ





Petites Esquisses d'oiseaux
pour piano
鳥たちの小スケッチ 1985 ピアノ Leduc 1988 1987
I. Le Rouge-gorge I. ヨーロッパコマドリ





II. Le Merle noir II. クロウタドリ





III. Le Rouge-gorge III. ヨーロッパコマドリ





IV. La Grive musicienne IV. ウタツグミ





V. Le Rouge-gorge V. ヨーロッパコマドリ





VI. L'Alouette des champs VI. ヒバリ





Un Vitrail et des oiseaux
pour piano solo et petit orchestre
ステンドグラスと鳥たち 1986 ピアノ独奏、小オーケストラ Leduc 1992 1988 アンサンブル・アンテルコンタンポランのためにピエール・ブーレーズの要請で作曲。
Chant (dans le style Mozart) モーツァルトの様式による歌 1986 クラリネット、ピアノ 未出版 - -
La Ville d'En-Haut
pour piano et petit orchestre
天より来たりし都 1987 ピアノ独奏、小オーケストラ Leduc 1994 1989 Paris Autumn Festivalより委嘱。
Un Sourire
pour orchestre
微笑み
/ほほえみ
1989 オーケストラ Leduc 1994 1991 モーツァルト没後200年の式典のためにマレク・ヤノフスキ(Marek Janowski)の要請で作曲。
Pièce
pour piano et quatuor à cordes
ピアノと弦楽四重奏のための小品 1991 ピアノ、弦楽四重奏 Universal 1992 1991
Éclairs sur l'Au-Delà...
pour grand orchestre
彼方の閃光…
/来世の稲妻…
1987 - 91 大オーケストラ Leduc 2000 1992 ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団創立150周年のためにズービン・メータ (Zubin Mehta)とニューヨーク・フィルより委嘱。
I. Apparition du Christ glorieux I. 栄光に包まれたキリストの出現





II. La Constellation du Sagittaire II. 射手座





III. L'Oiseau-lyre et la Ville-fiancée III. コトドリと婚約の都





IV. Les Élus marqués du sceau IV. 印を押された選民





V. Demeurer dans l'Amour... V. 愛のうちにとどまる





VI. Les Sept Anges aux sept trompettes VI. 7つのトランペットを持つ7人の天使





VII. Et Dieu essuiera toutes larmes de leurs yeux... VII. 神は人々の目から涙を全く拭い取って下さる・・・





VIII. Les étoiles et la Gloire VIII. 星々と栄光





IX. Plusieurs Oiseaux des arbres de Vie IX. いのちの木の数羽の鳥





X. Le Chemin de l'Invisible X. 不可視の世界への道





XI. Le Christ, lumière du Paradis XI. キリスト、天国の光





Concert à quatre
pour 4 soli: flûte, piano, hautbois, violoncelle et orchestre
コンセール・ア・キャトル 1990 - 92
(未完)
フルート独奏、オーボエ独奏、ピアノ独奏、チェロ独奏、オーケストラ Leduc 2003 1994 未完に終わったが、George BenjaminとHeinz Holligerの協力のもと、Yvonne Loriod-Messiaenによって完成された。
I. Entrée I. アントレ





II. Vocalise II. ヴォカリーズ




Vocalise-étude (1935) をオーボエとオーケストラ用に編曲したも の。
III. Cadenza III. カデンツァ





IV. Rondeau IV. ロンドー





Traité de rythme, de couleur et d'ornithologie
en sept tomes
リズム、色彩と鳥類学の概論
(全7巻)
1949 - 92 - Leduc 1994-2003 -
Tome I: Le Temps - Le Rythme - La Métrique greque - Analyse des 39 chœurs du Printemps de Claude LeJeune - Les Rythmes hindous. 第I巻:時 ― リズム ― ギリシャの韻律 ― クロード・ル・ジューヌのの39の合唱曲の分析 ― ヒンドゥーのリズム



1994

Tome II: Les Rythmes non rétrogradables - Technique des Rythmes non rétrogradables - Augmentations et diminutions - Pédales et canons rythmiques - Les Personnages rythmiques. Analyse du Sacre du Printemps de Stravinsky - Analyse de ma Turangalîla-Symphonie - Quelques exemples de Personnages rythmiques dans ma Messe de la Pentecôte et dans mon Livre d'Orgue. Développement par diminution chez Beethoven - Rythmes contemporains - Valeurs irrationelles - Analyse succincte de quelques-uns des Vingt Regards - Essai d'Interpolations et de Métaboles - Analyse des «Visions de l'Amen» et de «Harawi». 第II巻:逆行不可能なリズム ― 逆行不可能なリズムの技法 ― 拡大と縮小 ― リズム・ペダルとリズム・カノン ― ペルソナージュ・リトミック(リズム的人物). ストラヴィンスキーの春の祭典の分析 ― 私のトゥランガリーラ交響曲の分析 ― 私の聖霊降臨節のミサ曲と私のオルガンの書の中の ペルソナージュ・リトミックのいくつかの例 ― ベートーヴェンにおける縮小による展開 ― 現代のリズム ― 非合理的な音価 ― 二十のまなざしのいくつかの簡潔な分析 ― 内挿と変化の試作 ― 《アーメンの幻影》《ハラウィ》の分析


1995

Tome III: Permutations symétriques - Les «Hors tempo» - Analyses des Quatre Études de Rythme, du Livre d'Orgue, et de Chronochromie pour orchestre. 第III巻:シンメトリックな置換 ― 《テンポの枠外》 ― 四つのリズムのエテュードオルガンの書、 オーケストラのためのクロノクロミーの分析


1996

Tome IV: Le Plain-chant - Analyse de la Messe de la Pentecôte, pour orgue - L'accentuation chez Mozart - Analyse des 21 concerti pour piano et orchestre de Mozart. 第IV巻:単旋聖歌 ― オルガンのための聖霊降臨節のミサ曲の分析 ― モーツァルトにおけるアクセント法 ― モーツァルトの21のピアノとオーケストラのための協奏曲の分析



1997

Tome V: Les Chants d'oiseaux, et leur analyse - Utilisations dans les ouvres de Messiaen - Analyse des Sept Haïkaï pour piano et petit orchestre. 第V巻:鳥たちの歌とその分析 ― メシアンの作品の中での利用 ― ピアノと小オーケストラのための七つの俳諧の分析


1999/2000
2巻構成。
第5-1巻:ヨーロッパの鳥たちの歌
第5-2巻:ヨーロッパ以外の鳥たちの歌
Tome VI: Debussy: Analyses du Prélude à l'après-midi d'un Faune, de quelques Préludes et Images, de passages importants de La Mer, et de Pelléas et Mélisande. 第VI巻:ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲、 いくつかの前奏曲映像ペレアスとメリザンドの 重要な一節の分析


2002

Tome VII: Genèse des Modes - Son-couleur - Analyse des couleurs d'accords - Tableaux des modes et de divers accords employés par Olivier Messiaen - Analyse succinte des Trois petites Liturgies. 第VII巻:旋法の生成 ― 音-色彩 ― 和音の色彩の分析 ― オリヴィエ・メシアンによって使われた旋法と様々な和音の一覧 ― 三つの小典礼の簡潔な分析


2003

Offrande au Saint-Sacrement
pour orgue
聖体秘蹟への捧げもの 1930 - 35? オルガン Leduc 2001 - 1997年イヴォンヌ・ロリオ=メシアンにより発見された。
Prélude
pour orgue
前奏曲 ? オルガン Leduc 2002 ? 1997年発見。
Feuillets inédits
quatre pièces pour onde Martenot et piano
未刊のページ
(オンド・マルトノとピアノのための4つの小品)
? オンド・マルトノ、ピアノ Durand 2001 before 2002
I






II






III






IV






Vocalise
pour onde Martenot et piano
ヴォカリーズ ? オンド・マルトノ、ピアノ 未出版 - before 2002


・ 原則として作曲順に並べてあります。但し、一部順序が不明なものがあります。
・ 原題の表記(大文字・小文字、大文字のアクサンのありなし、ローマ数字かアラビア数字か) は資料により様々ですが、ここでは原則として楽譜に記載されている表記に従っています。
・ 作品名の日本語訳は代表的なものを記しています。なるべく正確に伝わるよう、直訳に近いものにしています。複数の訳の候補がある場合は"/"で区切って併記しています。

Works are listed in chronological order.
The "styles" of titles (ex. capital or lower-case, with or without accents, etc.) are based on those printed on the score.


情報の誤りや誤字・誤植にお気づきの場合はお手数でもご連絡いただけると幸いです。 e-mail

当リストの無断転載はご遠慮下さい。

If you notice any false or missing information, please let me know.


Home | Biography | Timeline | Work List | Musical Language | Works Guide | "Vingt Regards" | Disks | References | Links | My Profile