<トップページへ>  ・<ラテン語トップ>  ・<50音インデックス>
・か ・  ・  ・  ・


和羅辞典<か>



culex,licis,m.
〜かそれとも〜か
an,
かーど
カード
pagella,ae,f.
かい
delectatio,onis,f.
かい
remus,i,m.
かい
concha,ae,f.
貝殻
pelagia,ae,f.
かい
会議
consilium,i,n.
会場
phetrium,ii,n.
会員
phetrius,ii,m.
がいえん
外延
extensio,onis,f.
かいが
絵画
pictura,ae,f.
がいかい
外界の
externus,a,um,
外界の事象
res externae,
かいかく
改革
reformatio,onis,f.
改革する
reformo,are,avi,atum,
ecclesia semper reformanda,「たえず改革されるべき教会」
かいぎ
懐疑
dubitatio,onis,f.
dubium,i,n.
懐疑論
pyrrhonismus,i,m.
かいぎ
会議
concilium,i,n.
consilium.i,n.
大教区会議
concilium provinciale,
司教区会議
synodus,i,f.
かいきゅう
階級
classis,is,f.
かいきょう
海峡
fretum,i,n.
かいけつ
解決する
extrico,are,aci,atum,
がいけん
外見
apparentia,ae,f.
外見的
apparens,ntis,
がいこく
外国の
barbarus,a,um,
外国語の誤用
barbarolexis,eos,f.
がいこつ
骸骨
larva,ae,f.
かいこん
悔恨
compunctio,onis,f.
かいして
介して
per,(c.acc.)
かいしゅん
改悛
paenitentia,ae,f.
かいせつ
解説
commentarii,orum,m.pl.
解説者
commentator,oris,m.
解説する
commentor,ari,atus sum,v.dep.
かいせん
疥癬
scabies,ei,f.
がいせん
凱旋
triumphus,i,m.
凱旋する
triumpho,are,avi,atum,
がいぜん
蓋然的
probabilis,e,
蓋然的に
probabiliter,
かいそう
階層
hierarchia,ae,f.
かいぞく
海賊
pirata,ae,m.
praedo,onis,m.
かいだん
階段
gradus,us,m.
かいてい
階梯
scala,ae,f.
がいてき
外的な
externus,a,um,
extrinsecus,a,um,
外的事物
res externae,
外的な力
vis externa,
外的な命名
denominatio extrinseca,
外部感覚
sensus externus,
外部器官
externum organum,
かいてん
回転
rotatio,onis,f.
回転させる
roto,are,avi,atum,
verto,ere,rti,rsum,
がいとう
外套
cappa,ae,f.
mantellum,i,n.
がいねん
概念
conceptus,us,m.
notio,onis,f.
notitia,ae,f.
perceptio,onis,f.
sensus,us,m.
大概念
terminus major,
中概念
terminus medius,
小概念
terminus minor,
in sensu scholastico
学校概念的には
in sensu cosmopolitico
世界概念的には
概念論
conceptualismus,
universalia in re,「普遍は個物の中にある」
かいひ
回避
vitatio,onis,f.
回避する
vito,are,avi,atum,
かいふく
回復
recuperatio,onis,f.
回復する
recupero,are,avi,atum,
かいほう
解放
remissio,onis,f.
解放する
extrico,are,avi,atum,
dimitto,ere,misi,missum,
remitto,ere,misi,missum,
かいぼう
解剖
anatomia,ae,f.
生体解剖学
biotomia,ae,f.
かいめん
海綿
spongia,ae,f.
がいらい
外来的
adventicius,a,um,
adventitius,a,um,(デカルト)
かいらく
快楽
delectatio,onis,f.
voluptas,atis,f.
快楽主義
epicurismus,i,m.
hedonismus,i,m.
かう
買う
emo,ere,emi,emptum,
かえで
acer,eris,n.
かえる
帰る
redeo,ire,ii(ivi),itum,
revertor,i,reversus sum,v.dep.
かえる
変える
muto,are,avi,atum,
かえる
rana,ae,f.
オタマジャクシ
gyrinus,i,m.
かお
vultus,us,m.
顔つき
vultus,us,m.
species,ei,f.
かおり
香り
odor,oris,m.
vineae florentes dederunt odorem suum: (Ct 2, 13)
ブドウの樹は花盛りで、香りを放った。
かかし
案山子
terriculamentum,i,n.
かかと
calx,cis,f.
calcaria,ae,f.
talus,i,m.
かがみ
speculum,i,n.
かがやき
輝き
lux,lucis,f.
fulgor,oris,m.
radius,i,m.
splendor,oris,m.
輝く
fulgeo,ere,fulsi,
radio,are,avi,atum,
splendeo,ere,dui,
luceo,ere,luxi,
輝き始める
splendesco,ere,dui,
かかわり
かかわり
habitudo,dinis,f.
かかんてき
可感的な
sensibilis,e,
可感的形相
forma sensibilis,
可感的存在
esse sensibile
かき
カキ
ostrea,ae,f.
ostreum,i,n.
かぎる
限る
limito,are,avi,atum,
finio,ire,ivi[ii],itum,
definio,ire,ivi,itum,
限られた
limitatus,a,um,
finitus,a,um,
definitus,a,um,
限ること
limitatio,onis,f.
finitio,onis,f.
definitio,onis,f.
限り
limes,mitis,m.
finis,is,m.(f.)
かく
書く
scribo,ere,scripsi,scriptum,
書き記す、書き留める
noto,are,avi,atum,
書き手
scriptor,oris,m.
書くこと、作業
scriptio,onis,f.
かく
angulus,a,um,
かぐ
嗅ぐ
odoror,ari,atus sum,v.dep.
がく
scientia,ae,f.
ars,artis,f.
doctrina,ae,f.
disciplina,ae,f.
学識
eruditio,onis,f.
自由学科
liberales artes,
かくげん
格言
proverbium,i,n.
かくさん
拡散
diffusio,onis,f.
かくじつ
確実な
certus,a,um,
確実性
certitudo,dinis,f.
確実に
certe,
不確実な
arbitrarius,a,um,
かくす
隠す
celo,are,avi,atum,
abscondo,ere,condi(condidi),conditum(consum),
occulo,are,avi,atum,
abdo,ere,didi,ditum,
隠れた
absconditus,a,um,
de deo abscondito, 『隠れたる神について』 (ニコラウス・クザーヌス)。
隠された
occultus,a,um,(* 「オカルト」の語源)。
absconditus,a,um,
かくせい
覚醒
vigilia,ae,f.
がくせい
学生
scholares,
discipulus,i,m.
discipula,ae,f.
がくせつ
(根本的)学説
dogma,atis,n.
decreta, quae philosophi vocant dogmata,「哲学者が根本的学説と呼んでいる原則」
がくち
学知
scientia,ae,f.
かくてい
確定
firmitas,atis,f.
かくとく
獲得
acquisitio,onis,f.
獲得する
acquiro,ere,quisivi,situm,
かくほ
確保する
firmo,are,avi,atum,
かくめい
革命
novae res,
がくもん
学問
scientia,ae,f.
doctrina,ae,f.
disciplina,ae,f.
学問の伝達
traditio doctrinae,
かくりつ
確立
firmitas,atis,f.
確立する
firmo,are,avi,atum,
かげ
umbra,ae,f.
がけ
rupes,is,f.
praeceps,cipitis,n.
かけつける
かけつける
accurro,ere,(cu)curri,cursum,
かげろう
カゲロウ
hemerobion,ii,n.
かこ
過去
praeteritum,i,n.
過去の
praecedens,entis,
かこく
過酷
acies,ei,f.
acerbitas,atis,f.
かこむ
囲む
arceo,ere,arcui,arctum,
かさ
umbella,ae,f.
かざる
飾る
orno,are,avi,atum,
かし
robur,oris,n.
quercus,us,f.
かし
菓子
crustulum,
crustum,i,n.
bellaria,orum,n.pl.
torta,ae,f.
菓子屋
crustularius,ii,m.
かじ
火事
incendium,i,n.
かじ
gubernaculum,i,n.
舵を操る
ad gubernaculum accedere,
舵を執る
gubernaculis assidere,
舵を戻す
gubernacula retorquere,
かしてき
可視的
visibilis,e,
可視的に
visibiliter,
可視的なしるし
signa visibilia,
かしこい
賢い
sensatus,a,um,
かじつ
果実
pomum,i,n.
かじゅ
果樹
pomus,i,f.
果樹園
pomarium,i,n,
かじょう
箇条
articulus,i,m.
信仰箇条
articulus fidei,
かしらもじ
頭文字
capitaneae litterae,
かじる
かじる
mando,ere,mandi,mansum,
かしわ
柏の樹
quercus,us,f.
かず
numerus,i,m.
かすたねっと
カスタネット
crusma,atis,n.
crotalum,i,n.
カスタネットを鳴らしながら踊る女
crotalistria,ae,f.
かすみ
nebula,ae,f.
かぜ
ventus,i,m.
spiritus,us,m.
Spiritus, ubi vult, spirat, et vocem eius audis,
sed non scis unde veniat et quo vadat; (Io 3, 8)
風は、その欲する所へと吹き、あなたはその音を聞くが、 風がどこから来てどこへ行くのかを、あなたは知らない」
微風
aura,ae,f.
旋風、暴風
turbo,binis,m.
東風
eurus,i,m.
西風
Zephyrus,i,m.
chelidonias,ae,(acc. -on),m.
argestes,ae,m.(西南西風)
南風
auster,tri,m.
notus,i,m.
南西風
austroafricus,i,m.
南東風
atabulus,i,m.
北風
boreas,ae,m.
aquilo,onis,m.
北北西の風
thrascias,ae,m.
北北東の風
meses,ae,m.
かぜ
風邪
destillatio,onis,f.
かせつ
仮説
hypothesis,is,f.
かそう
仮想する
fingo,ere,finxi,fictum,
かそう
火葬場
rogus,i,m.
火葬場の
rogalis,e,
がぞう
画像
imago,ginis,f.
pictura,ae,f.
かぞえる
数える
numero,are,avi,atum,
数えること
numeratio,onis,f.
かぞく
家族
familia,ae,f.
domus,us,f.
かた
umerus,i,m.
かたい
堅い
durus,a,um,
堅さ
duritas,atis,f.
durities,ei,f.
堅くする
duro,are,avi,atum,
固める
firmo,are,avi,atum,
かたち
figura,ae,f.
forma,ae,f.
species,ei,f.
かたつむり
カタツムリ
cochlea,ae,f.
helica,ae,f.
かたる
語る
loquor,qui,locutus sum,v.dep.
modus loquendi de Deo,「神についての語り方」
かたろぐ
カタログ
catalogus,i,m.
かちく
家畜
pecus,coris,n.,udis,f.
かちてき
可知的な
intellegibilis,e,
可知性
intellegibilitas(intelli-),(atis,f.)
可知的形相
species intelligibiles,
がちょう
ガチョウ
anser,eris,c.
かつ
勝つ
vinco,ere,vici,victum,
in hoc signo vinces, (IHS), 「この印のもとに汝ら勝たん」
かっこ
確固たる
firmus,a,um,
確固不動
firmitas,atis,f.
かっこう
カッコウ
cuculus,i,m.
がっこう
学校
schola,ae,f.
学校の
scholasticus,a,um,
in sensu scholastico
学校概念的には
学校的に
scholastice,
かっしょくの
褐色の
fulvus,a,um,
がっと
ガット弦
fides,is,f.
かっぱつな
活発な
alacer,cris,cre,
かて
cibus,i,m.
かてい
仮定
hypothesis,is,f.
仮定的
hypotheticus,a,um,
かてい
過程
processus,us,m.
かてい
家庭
domus,us,f.
familia,ae,f.
家庭の
familiaris,e,
かていきょうし
家庭教師
paedagogus,i,m.
かてきずむ
カテキズム(cf.要理,教会問答)
catechismus,i,m.
かてどらる
カテドラル,(司教座)大聖堂
cathedrale,is,n.
Cathedralis Ecclesia,
かとく
家督
patrimonium,i,n.
かなしい
悲しい
tristis,e,
悲しみ
tristitia,ae,f.
tristitas,atis,f.
dolor,oris,m.
悲しむ
tristor,ari,v.dep.
doleo,ere,dolui,dolitum,
悲しませる
tristifico,are,
悲しませる
tristificus,a,um,
かなとこ
鉄床
incus,cudis,f.
かに
カニ
cancer,cri,m.
かにく
果肉
pulpa,ae,f.
かのう
可能な
possibilis,e,
可能性
potentia,ae,f.
不可能性
impossibilitas,atis,f
不可能な
impossibilis,e,
可能である
possum,posse,potui,
可能態
potentia,ae,f.
純粋可能態
potentia pura,
可能的なもの
possibilia,
可能知性
intellectus possibilis,
かのう
化膿する
exspumo,are,avi,atum,
かば
カバ
campus,i,m.
hippopotamus,i,m.
かば
betula,ae,f.
かび
カビ
mucor,oris,m.
かぶとむし
カブトムシ
scarabaeus,i,m.
かぶん
可分性
divisibilitas,atis,f.
可分的
divisibilis,e,
かへい
貨幣
numisma,atis,n.
nummus,i,m.
貨幣を鋳造する
cudere argentum,
貨幣検査官
spectator,oris,m.
金貨
solidus aureus,
かへんせい
可変性
mutabilitas,atis,f.
かま
falx,cis,f.
がまずみ
ガマズミ
viburnum,i,n.
がまんする
我慢する
perpetior,i,perpessus sum,v.dep.
かみ
deus,i,m.
divus,i,m.
女神
dea,ae,f.
diva,ae,f.
神の
divus,a,um,
divinus,a,um,
神の恩寵
divina gratia,
神のかたどり
imago Dei,
神の母(聖母マリア)
Deipara,ae,f.
Deo gratias,
「神に感謝」
Civitas Dei
「神の国(神国論)」(アウグスティヌスの著作)
Deus sive natura
「神即自然」
amor Dei intellectualis
「神への知的愛」
Homo homini deus.
「人間は人間にとって神である」 (フォイエルバッハ『唯心論と唯物論』岩波文庫p.64)
かみ
coma,ae,f.
crinis,is,m.
capillus,i,m.
自分の髪で拭った (cf.拭う
髪飾り
comptus,us,m.
かみそり
剃刀
novacula,ae,f.
かみなり
tonitrus,us,m.
雷が鳴る
tonat,are,uit,
かむ
かむ
mando,ere,mandi,man,sum
mordeo,ere,momordi,morsum,
かめ
testudo,dinis,f.
chelys,yos,(acc.-lym,-lyn;voc.-ly),f.
亀の甲
testudo,dinis,f.
chelyon,yi,n.
かめん
仮面
persona,ae,f.
nemo potest personam diu ferre fictam,
「誰であれ永くは仮面をかぶっていられない」(セネカ)
かも
anas,atis[itis],f.
コガモ
anaticula,ae,f.dim.
かもしか
カモシカ
damma,ae,f.
bubalus,i,m.
かもめ
カモメ
gavia,ae,f.
から
〜から,〜から離れて
a,ab,abs,(c.abl.)
からす
corvus,i,m.
cornix,icis,f.
がらす
ガラス
vitrum,i,n.
ガラスの
vitreus,a,um,
色ガラス
vitrum coloratum,
からだ
corpus,poris,n.
からまつ
カラマツ
larix,icis,f.
かり
狩り
venatio,onis,f.
狩る
venor,ari,atus sum,v.dep.
かり
anser,eris,m.
かりきゅらむ
カリキュラム
curriculum,i,n.
かる
駆り立てる
impello,ere,puli,pulsum,
かれい
カレイ,ヒラメ
rhombus,i,m.
かれつな
苛烈な
acer,acris,acre,
acerbus,a,um,
かれんだー
カレンダー
kalendarius,ii,m.
かろう
過労
operositas,atis,f.
かろうじて
辛うじて
aegre,
かわ
flumen,inis,n.
rivus,i,m.
amnis,is,m.
河床
alveus,i,m.
かわうそ
カワウソ
lutra,ae,f.
かわき
乾き
ariditas,atis,f.
siccitas,atis,f.
乾いた
aridus,a,um,
siccus,a,um,
乾かす
torreo,ere,ui,tostum,
かわき
渇き
sitis,is,(acc.sgl.-im),f.
かわら
tegula,ae,f.
かわる
変わりやすい
mutabilis,e,
変わりやすさ
mutabilitas,atis,f.
変化
mutatio,onis,f.
かん
冠、花冠、葉冠
corona,ae,f.
がん
anser,eris,m.
がん
cancer,cri,m.
かんいほう
換位法
conversio,onis,f.
限量換位
conversio per accidens,
単純換位
conversio simplex,
換質換位法
contrapositio,(onis,f.)
かんがえる
考える
cogito,are,avi,atum,
concipio,pere,cepi,ceptum,
opinor,ari,atus sum,v.dep.
reor,eri,ratus sum,v.dep.
sentio,ire,sensi,sensum,
puto,are,avi,atum,
arbitor,ari,atus sum,v.dep.
考え
cogitatio,onis,f.
consilium,i,n.
考える本性
natura cogitans,
考えるもの
res cogitans,
かんかく
間隔
intervallum,i,n.
かんかく
感覚
sensus,us,m.
感覚する
sentio,ire,sensi,sensum,
感覚で捕えられる,可感的な
sensibilis,e,
感覚的な
sensitivus,a,um,
感覚的な事物
res sensibilis,
感じ取る
percipio,pere,cepi,ceptum,
感じ取ること
perceptio,onis,f.
共通感覚
sensus communis,
五官
quinque sensus,
感覚表象
phantasma,atis,n.
感覚器官
organum sensus,
感覚する能力
facultas sentiendi,
感覚知覚
sensus perceptio,
感覚的霊魂
anima sensitiva,
感覚的認識
sensitiva cognitio,
notitia sensitiva,
内部感覚
sensus internus,
外的感覚
sensus exterior,
非感覚的
insensibilis,e,
nihil est in intellectu, quod non antea fuerit in sensu
あらかじめ感覚の内になかったものは,何一つとして知性のうちには存しない (『カントの形而上学講義』三修社)
かんがん
宦官
eunuchus,i,m.
かんき
歓喜
exsultatio,onis,f.
jubilatio,onis,f.
laetitia,ae,f.
かんき
還帰
reditus,us,m.
かんきょう
環境
circumstantia,ae,f.
かんけい
関係
relatio,onis,f.
respectus,us,m.
proportio,onis,f.
関係者
particeps,cipis,m.(cf.かんよ)
関係的
relativus,a,um,
関係的に
relative
措定関係
respectus ponens,
関係に基いて
proportionabiliter,
かんけい
奸計
fraus,fraudis,f.
かんげん
還元
reductio,onis,f.
かんご
看護婦
infirmaria,ae,f.
看護人
infirmarius,i,m.
看護の
infirmarius,a,um,
かんこく
勧告
adhortatio,onis,f.
使徒的勧告
Apostolica Adhortatio,
かんさつ
観察
speculatio,onis,f.
contemplatio,onis,f.
観察する
intueor,eri,itus sum,v.dep.
contemplor,ari,atus sum,v.dep.
かんしつほう
換質法
obversio,(onis,f.)
換質換位法
contrapositio,(onis,f.)
かんしゃ
感謝
gratia,ae,f.
感謝する
gratias ago,
Deo gratias,
「神に感謝」
かんしゅする
看取する
video,ere,vidi,visum,
かんしょう
観照
contemplatio,onis,f.
観照者
contemplator,oris,m.
観照する
contemplor,ari,atus sum,v.dep.
かんじょう
感情
affectus,us,m.
がんしょう
岩礁
saxum,i,n.
がんじょう
頑丈な
robustus,a,um,
かんしょく
官職
magistratus,us,m.
かんじる
感じる
sentio,ire,sensi,sensum,
かんせい
完成
consummatio,onis,f.
absolutio,onis,f.
perfectio,onis,f.
plenitudo,dinis,f.
plenitudo ergo legis est dilectio. 「それゆえ,愛は律法の完成である」(Rom 13,10
完成する
absolvo,ere,solvi,solutum,
finio,ire,ivi[ii],itum,
perficio,cere,feci,fectum,
propter immensam suam dilectionem factus est quod sumus nos, ut nos perficeret esse quod est ipse,
「その測り難い愛ゆえに,われわれが現にあるものになった, それはわれわれを,彼自身が現にあるところのものへと完成させるためである」
かんせい
陥穽
fovea,ae,f.
かんぜい
関税
muta,ae,f.
かんせつ
関節
artus,us,m.
かんぜん
完全
perfectio,onis,f.
完全な
perfectus,a,um,
completus,a,um,
absolutus,a,um,
完全に
perfecte,
absolute,
完全にする
compleo,ere,plevi,pletum,
Se suamque perfectionem appetunt.
「(あらゆるものは)自分たち自身と自分たちの完全性とを希求する.」 フォイエルバッハ『唯心論と唯物論』岩波文庫pp.50f.)
かんそう
乾燥
siccitas,atis,f.
かんそう
観想
contemplatio,onis,f.
speculatio,onis,f.
観想する
contemplor,ari,atus sum,v.dep.
speculor,ari,atus sum,v.dep.
観想的
contemplativus,a,um,
観想者
speculator,oris,m.
観想の眼
oculus contemplationis,
かんぞう
肝臓
jecur,jecoris[jecinis,jecinoris],n.
lien(is),enis,m.
肝臓病の
lienosus,a,um,
かんたい
艦隊
classis,is,f.
かんたん
感嘆
admiratio,onis,f.
かんち
感知
sensatio,(onis,f.?)
かんちょう
干潮
recessus aestuum,
かんちょう
潅腸
clyster,eris,m.
かんてん
観点
ratio,onis,f.
sub ratione Dei
神の観点から
respectus,us,m.
かんとくしゃ
監督者
inspector,oris,m.
かんな
カンナをかける
deruncino,are,avi,atum,
かんねん
観念
idea,ae,f.
notio,onis,f.
観念の
idealis,e,
観念界
mundus idealis,
生得的な諸観念
notiones connatae,
後得的な諸観念
notiones acquisitiae,
かんび
甘美
suavitas,atis,f.
かんぺき
完璧な
absolutus,a,um,
がんぼう
願望
desiderium,i,n.
願望する
desidero,are,avi,atum,
かんむり
corona,ae,f.
かんよ
関与
participatio,onis,f.
関与する
participo,are,avi,atum,
かんり
管理する
administro,are,avi,atum,
かんり
官吏
magistratus,us,m.


arbor,oris,f.
ex fructu arbor agnoscitur (Mt 12, 33)
木は実によって知られる。
木バサミ
frondator,oris,m.
justitia,ae,f.
義認,義化
justificatio,onis,f.
義とする
justifico,are,avi,atum,
falsum,i,n.
偽な
falsus,a,um,
きいろ
黄色の
flavus,a,um,
黄色である
flaveo,ere,
きえる
消える
abeo,ire,ii,itum,
きおく
記憶,思い出,追憶,想起
memoria,ae,f.
recordatio,onis,f.
recordatus,us,m.
reminiscentia,ae,f.
記憶している
memor,oris,(gen.pl.memorum)
記憶していない
immemor,oris,(gen.pl.-um),
記憶する
memini,isse,v.def.
Memento Creatoris tui
in diebus iuventutis tuae,
(Eccle 12, 1)
あなたの若い間にあなたの創造主を覚えなさい。
recordor,ari,atus sum,v.dep.
覚えている、思い出す
reminiscor,i,v.dep.
recordor,ari,atus sum,v.dep.
recomminiscor,sci,v.dep.
recommentor,ari,v.dep.
思い出させる
admoneo,ere,ui,itum,
記憶術
ars memorandi,
記憶の能力
facultas recordandi,
ぎか
義化
justificatio,onis,f.
きかい
機会
facultas,atis,f.
occasio,onis,f.
機会原因,偶(成)因
occasionalis causa,
機会原因論,偶因論
occasionalismus,(i,m.)
機会的に,機会原因的に
occasionaliter,
きかい
機械
machina,ae,f.
machinamentum,i,n.
機械的な
mechanicus,a,um,
機械学
mechanica,ae,f.
ars mechanica,
きかがく
幾何学
geometrica,orum,n.pl.
geometria,ae,f.
幾何学の
geometricus,a,um,
幾何学者
geometres,ae,m.
きかん
器官
organum,i,n.
感覚器官
organum sensus
きかん
帰還
reditio,onis,f.
reditus,us,m.
帰還する
redeo,ire,ii[vi],itum,
ききゃく
棄却する
explodo,ere,plosi,plosum,
ききゅう
希求
appetitio,onis,f.
希求する
appeto,ere,petivi,petitum,
何らかの善の希求
appetitio boni alicujus,
Se suamque perfectionem appetunt.
「〔あらゆるものは自分たち自身と〕自分の完全性を希求する」
(フォイエルバッハ『唯心論と唯物論』岩波文庫)
きく
聞く
audio,ire,ivi,itum,
accipio,pere,cepi,ceptum,
訊く
rogo,are,avi,atum,
きけつ
帰結する
sequor,qui,secutus sum,v.dep.
ex meris particularibus aut negativis nihil sequitur,
「特殊,あるいは,否定だけからからは,何事も帰結しない」
a rationato ad rationem non valet consequentia,
「帰結から根拠への推論は有効でない」
きけん
危険
periculum,i,n.
きげん
起源
origo,ginis,f.
きげん
紀元前
ante Christum natum (a. Chr. n.),(AC)
紀元後
anno Domini (AD),
きこう
機構
machina,ae,f.
きごう
記号
signum,i,n.
全称記号
signum universalitatis
特称記号
signum particularitatis,
きさい
記載
mentio,onis,f.
きざみつける
刻みつける
imprimo,ere,pressi,pressum,
きし
litus,oris,n.
ora,ae,f.
ripa,ae,f.
きし
騎士
eques,itis,m.
きじ
phasianus,i,m.
きしゅ
旗手
signifer,eri,m.
きじゅつ
記述する
scribo,ere,scripsi,scriptum,
ぎじゅつ
技術
ars,artis,(gen.pl.-ium),f.
artes mechanicae,「機械の技術」
artes serviles,「仕事の技術」
artes liberales,「自由の技術」(cf.「自由7科」)
きじゅん
基準
canon,onis,m.
criterium,i,n.
regula,ae,f.
形成基準
regula formalis,
根源的基準
regula fundamentalis,
真理の基準
criterium veritatis,
直接基準
regula proxima,
きす
キス
basium,ii,n.
basitatio,onis,f.
キスする
basio,are,avi,atum,
きず
vulnus,eris,n.
傷つける
vulnero,are,avi,atum,
きすう
奇数
impar numerus,
きずた
キズタ
hedera,ae,f.
abiga,ae,f.
きずな
nexus,us,m.
ぎせい
犠牲
victima,ae,f.
hostia,ae,f.(聖体のパン)
犠牲なるがゆえの勝利者
victor quia victima,
きせき
奇蹟
miraculum,i,n.
きそ
基礎
fundamen,minis,m.
fundamentum,i,n.
基礎の
fundamentalis,e,
根本的に
fundamentaliter,
ぎぞう
偽造
falsatio,onis,f.
偽造者
falsator,oris,m.
きそく
気息
halitus,us,m.
spiritus,us,m.
きそく
規則
regula,ae,f.
lex,legis,f.
lex orandi, 祈りの規則
規則的な
regularis,e,
規則的に
regulariter,
regulatim,
きぞく
貴族の
nobilis,e,
きた
aquilo,onis,m.
si ceciderit lignum ad austrum aut ad aquilonem,
in quocumque loco ceciderit, ibi erit. (Eccle 11, 3)
もし、樹が南であれ、北であれ、倒れるならば、
いずれであれ、樹は倒れた方の場所にそのままあることになる。
北風
aquilo,onis,m.
Surge, aquilo,
et veni, auster; (Ct 4, 16)
起きよ、北風よ、吹け、南風よ。
きたい
期待
exspectatio,onis,f.
期待する
exspecto,are,avi,atum,
きたい
基体
subjectum,i,n.
きたえる
鍛える
exerceo,ere,cui,citum,
きづかい
気遣い(cf.配慮
きづく
気付く
conspicio,ere,spexi,spectum,
adverto,ere,verti,versum,
きづた
キヅタ
hedera,ae,f.
abiga,ae,f.
きつつき
啄木鳥
picus,i,m.
chloreus,i,m.
きって
郵便切手
pittacium cursuale,
pittacium vehicularium,
きつね
vulpes,is,f.
galliger,eri,m.(鶏泥棒)
Vulpes foveas habent et volucres caeli tabernacula, Filius autem hominis non habet, ubi caput reclinet. (Mt 8, 20)
狐たちは穴を持ち、空の鳥たちは巣を持っているが、 人の子は、頭をもたせかける(枕する)ための場所を持たない。
Capite nobis vulpes, vulpes parvulas,
quae demoliuntur vineas,
(Ct 2, 15)
ブドウ畑を荒らす、狐や子狐たちを、私たちのために、捕まえて下さい。
きっぷ
切符
tessera,ae,f.
きとう
祈祷
oratio,onis,f.
祈祷台
reclinatorium,i,n.
連祷
litania,ae,f.
きにいった
気に入った
gratus,a,um,
ぎにん
義認
justificatio,onis,f.
きねん
記念(碑)
monumentum,i,n.
memoria,ae,f.
in memoriam (fidelium defunctorum), 「死者(死亡した信者)の記念のために」
きのう
昨日
heri,
hesterno,
昨日の
hesternus,a,um,
Cur non venit filius Isai nec heri nec hodie ad vescendum?
「なぜエッサイの息子は昨日も今日も食事に来ないのか?」 (1 Sam 20,27)
Heri venisti, ...
「昨日あなたは来た」 (2 Sam 15,20)
Hesterni quippe sumus et ignoramus, ...
「なぜならわれわれは昨日から在り(昨日生れたばかりで), 何も知らないのだから」 (Iob 8,9)
Quoniam mille anni ante oculos tuos
tamquam dies hesterna, quae praeteriit,
「なぜなら千年もあなたの目の前では
あたかも過ぎ去った昨日のごとく」 (Ps 90,4)
きのう
帰納法
inductio,onis,f.
ぎのうてきな
技能的な
artificialis,e,
きのこ
キノコ
fungus,i,m.
きはん
規範
ordo,dinis,m.
regula,ae,f.
norma,ae,f.
規範づけられた規範(教会の告白)
norma normata,
規範づける規範(聖書)
norma normans,
きひ
忌避する
fugio,gere,fugi,fugitum,
きびしい
厳しい
acer,cris,cre,
ぎふ
義父
socer,eri,m.
きへい
騎兵
eques,itis,m.
騎兵隊
equitatus,us,m.
きべん
詭弁
sophisma,atis,n.
詭弁家
sophistes,ae,m.
きぼう
希望
spes,ei,f.
きほん
基本
elementum,i,n.
fundamen,minis,n.
fundamentum,i,n.
基本原理から
ex elementis,
きまいら
キマイラ
Chimaera,ae,f.
きまえ
気前のよいこと
liberalitas,atis,f.
ぎまん
欺瞞
deceptio,onis,f.
falla,ae,f.
fallacia,ae,f.
欺瞞者
deceptor,oris,m.
欺瞞する
decipio,pere,cepi,ceptum,
fallo,ere,fefelli,falsum,
ぎむ
義務
officium,i,n.
義務についての教説
officiorum praecepta,
義務に背馳する
ab officio discrepare,
義務に反して
contra officium,
義務によろめく
in officio claudicare,
義務の規定
officiorum descriptio,
義務の源泉
officiorum fons,
義務の種類
officiorum genera,
義務の選択
officiorum dilectus,
義務の段階
officiorum gradus,
義務の尽くし合い
officiorum mutatio,
義務の定義
officiorum definitio,
義務の転位
officiorum commutatio,
義務の分類
officiorum divisio,
義務の論定
officiorum inventio,
義務を堅守する
officia retinere,
義務を主導する
officia dirigere,
義務を遂行する
officia (con)servare,
義務を選択する
officia exquirere,
義務を確かめる
officia invenire,
義務を尽くす
officia conferre in(人に),
officia tribuere,
義務を逃れる
officia vacare,
義務を放棄する
officia deserere,
義務を守る
officia colere,
義務を無視する
officia neglegere,
義務をわきまえない
ab officio discedere,
異邦人の義務
officia peregrinorum,
完結した義務
officium completum,
完全な義務,強制的義務
officium perfectum,
軍務と平務における義務
officia bellica et civilia,
敬虔の義務
officium pietatis,
公官の義務
officia megisturatuum,
最終の義務
officium supremum,
裁定人の義務
officium arbitri,
裁判官の義務
judicis officium,
裁判するものの義務
officium judicantis,
事情に応じた義務
officia ex tempore,
私人の義務
officia privatorum,
市民の義務
officia civium,
社会的協同からの義務
officia ex communitate,
神聖な義務,聖務日課
officium divinum,
絶対的な義務
officia perfecta,
officium absolutum,
第二級の義務
officia quasi secunda,
男子の義務
officium virile,
単に道徳的な義務
officium mere ethicum,
単に法的な義務
officium mere juridicum,
中程度,普通の義務
medium officium,
人間性の義務
officium humanitatis,
不完全な義務,非強制的義務
officium imperfectum,
法務官の職務
officium praetoris,
法を宣言する者の職務
officium jus dicentis,
保護者の義務
patroni officium,
友誼関係の義務
officium amicitiae,
友人への義務
officia in amicos,
若者の義務
officia juvenum,
きゃく
hospes,itis,c.
客間
tabulinum,i,n.
ぎゃくせつ
逆説
paradoxi,orum,m.pl.
きゃくま
客間
tabulinum,i,n.
ぎゃくりゅうする
逆流する
remano,are,
きゃべつ
キャベツ
brassica,ae,f.
caulis(colis),is,m.
きゅうか
休暇
vacatio,onis,f.
feriae,arum,f.pl.
きゅうかく
嗅覚
odoratus,us,m.
きゅうきょく
究極の
ultimus,a,um,
究極根拠
ultima ratio,
きゅうけつき
吸血鬼
lamia,ae,f.
きゅうさい
救済
salus,utis,f.
きゅうそく
休息
quies,etis,f.
きゅうてい
宮廷
aula,ae,f.
きゅうでん
宮殿
palatium,i,n.
きゅうり
キュウリ
cucumis,meris,m.
きゅうりょう
給料
merces,edis,f.
salarium,i,n.
きょういく
教育
educatio,onis,f.
traditio,onis,f.
paedagogia,ae,f.
教育する
educo,are,avi,atum,
きょうえん
饗宴
symposium,i,n.
きょうか
強化
roboratio,(onis,f.?)
強化する
roboro,are,avi,atum,
きょうかい
教会
ecclesia,ae,f.
ecclesia docens, 教える教会
ecclesia audiens, 聞く教会
ecclesia purgans, 苦しむ教会
ecclesia catholica,公同の教会
ecclesia triumphans, 勝利の教会
ecclesia semper reformanda,たえず改革されるべき教会
ecclesia militans, 戦う教会
mater ecclesia,母なる教会
ecclesia universalis,普遍的教会
ecclesia discens, 学ぶ教会
ecclesia invisibilis,見えない教会
ecclesia visibilis, 見える教会
教会を信じる
ecclesia est corpus Christi. (cf. Eph 1,23)
「教会はキリストの体である」(cf. エペソ 1.23)
extra ecclesiam nulla salus,「教会の外に救いなし」
ubi tres, ibi ecclesia, licet laici, 「たとえ平信徒であろうと,三人が集まれば,そこに教会がある」
『教会憲章』
Constitutio dogmatica de Ecclesia,
教会史学
scientia historiae ecclesiasticae,
教会法
leges ecclesiasticae,
教会法典
codex iuris canonici
教会問答(要理)
catechismus,i,m.
きょうき
狂気
insania,ae,f.
dementia,ae,f.
furor,oris,m.
狂気である
insanio,ire,ivi,itum,
神的狂気
divinus furor,
きょうぎしゃ
競技者
athleta,ae,m.
きょうく
教区
dioecesis,is,f.
きょうけんびょう
狂犬病
cynanthropia,ae,f.
きょうこう
教皇
pontifex,ficis,m.
Habemus Pontificem,「われらは教皇を得た」(教皇選挙の当選公示).
Papa,ae,m.
教皇選挙
conclave,is,n.
教皇庁
Curia Romana,
教皇庁年鑑
Annuario Pontificio,
教皇の権威
papatus,us,m.
きょうし
教師
magister,tri,m.
ぎょうし
凝視する
intueor,eri,tuitus sum,v.dep.
きょうじゅ
教授
professor,oris,m.
きょうじゅ
享受
fruitio,onis,f.
享受する
fruor,i,fructus sum,fruiturus,v.dep.
percipio,pere,cepi,ceptum,
きょうすいびょう
恐水病
phobodipsos,i,f.
きょうせい
矯正
rectificatio,onis,f.
矯正する
rectifico,are,
emendo,are,avi,atum,
きょうせい
強制
coactio,onis,f.
強制する
cogo,ere,coegi,coactum,
強制的
violentus,a,um,
強制的運動
violentus motus,
強制からの自由
libertas a coactione,
きょうだい
兄弟
frater,tris,(gen.pl.-um),m.
兄弟愛
caritas fraternitatis,
きょうたん
驚嘆
admiratio,onis,f.
驚嘆する
admiror,ari,atus sum,v.dep.
驚嘆すべき
admirabilis,e,
きょうつうの
共通の
communis,e,
共通感覚
sensus communis,
きょうてい
協定
pactio,onis,f,
pactum,i,n.
きょうどう
共同の
communis,e,
教導する
informo,are,avi,atum,
きょうふ
恐怖
formido,dinis,f.
timiditas,atis,f.
metus,us,m.
内在的原因の恐怖
metus ab intrinseco,
外来的原因の恐怖
metus ab extrinseco,
正当に起された恐怖
metus juste incussus,
不正に起された恐怖
metus injuste incussus,
trepidatio mentis ob malum futurum,
「将来の悪に対する心の震撼」 (恐怖の定義,cf.野田『カトリックの信仰(倫理篇)』中央出版社)
きょうふ
教父
Patres Ecclesiae,
ラテン教父全集
Patrologia Latina,
ギリシア教父全集
Patrologia Graeca,
きょうゆう
共有
communitas,atis,f.
communio,onis,f.
共有の
communis,e,
きょうよう
教養
cultus,us,m.
人間的教養
cultus humanitatis,
きょうり
教理
doctrina,ae,f.
実践的教理
doctrina practica,
doctrina generat ecclesiam,「教理は教会を産む」
きょうりょく
協力
concursus,us,m.
(被造物の)神への協力
concursus dei,(* 反対の「神の関与」という意味もある)
神の(被造物への)協力
concursus divinus,
きょうわ
協和
concordantia,ae,f.
協和音
concordantes notae,
不協和
discordantia,ae,f.
きょか
許可
permissio,onis,f.
許可する
permitto,ere,misi,missum,
(積極的な)許可
permissio positiva,
(消極的な)許容
permissio negativa,
きょぎ
虚偽
fallacia,ae,f.
falsitas,atis,f.
falsum,i,n.
虚偽の
falsus,a,um,
論点先取の虚偽
assumptio non probata,
循環論証
circulus vitiosus,
論点相違の虚偽
ignoratio elenchi,
誤謬原因の虚偽
non causa pro causa,
前後関係即因果の虚偽
fallicia post hoc ergo propter hoc,
cf.伊藤吉之助・編『岩波 哲学小辞典 増訂版』岩波書店
前件先取(先決問題要求の)虚偽
petitio principii,
きょくたん
両極端
antipodes,um,m.pl.
きょこう
虚構
fictio,onis,f.
虚構の
ficticius,a,um,
fictitius,a,um,(デカルト)
虚構する
fingo,ere,finxi,fictum,
ぎょしゃ
御者
auriga,ae,m.
きょせい
去勢された
sectarius,a,um,
きょぜつする
拒絶する
nego,are,avi,atum,
きょだい
巨大(cf.大きい
きよめ
清め
purgatio,onis,f.
清める
purgo,are,avi,atum,
きよらかな
清らかな
purus,a,um,
sanctus,a,um,
清らかさ
sanctitas,atis,f.
ぎょりゅう
ギョリュウ
myrica,ae,f.
きり
nebula,ae,f.
きりすと
キリスト
Christus,i,m.
キリスト教
christianismus,i,m.
christianitas,atis,f.
キリスト教徒
Christianus,i,m.
Christifidelis,is,m.
キリスト教世界
corpus Christianum,
キリストの魂
anima christi,
きりとる
切り取る
mutilo,are,avi,atum,
きりはなす
切り離す
seco,are,secui,sectum(secaturus),
abduco,ere,duxi,ductum,
きりん
キリン
camelopardalis,is,(acc.im),f.
きる
着る
vestio,ire,ivi,itum,
切る
seco,are,secui,sectum(secaturus),
切ること
sectio,onis,f.
きろく
記録
monumentum,i,n.
archivum,i,n.
scriptum,i,n.
documentumi,n.
記録する
prodo,ere,didi,ditum
scribo,ere,psi,ptum,
ぎろん
議論
dialectus,i,f.
きん
aurum,i,n.
黄金色の
flavus,a,um,
金貨
solidus aureus,
ぎん
argentum,i,n.
きんこう
均衡
proportionalitas,atis,f.
proportio,onis,f.
きんし
禁止
prohibitio,onis,f.
vetitum,i,n.
禁ずる
prohibeo,ere,hibui,hibitum,
veto,are,tui,titum,
arceo,ere,arcui,arctum,
きんせい
均整
symmetria,ae,f.
きんせい
金星
Venus,neris,f.
vesper,eri[eris],m.(宵の明星)
lucifer,feri,m.(暁の明星)
きんぞく
金属
metallum,i,n.
きんちょう
緊張
contentio,onis,f.
緊張する
contendo,ere,tendi,tentum,
きんにく
筋肉
lacertus,i,m.
musculus,i,m.
きんべん
勤勉
diligentia,ae,f.
industria,ae,f.
勤勉な
impiger,gra,grum,
industrius,a,um,
きんみつ
緊密な
arctus,a,um,
緊密に
arcte,


くいあらため
悔い改め
paenitentia,ae,f.
Paenitentiam agite; (Mt 3, 2)
悔い改めなさい。
ぐうい
寓意
allegoria,ae,f.
寓意的
allegoricus,
くうかん
空間
spatium,i,n.
くうき
空気
aer,aeris,m.
空気の
aerius,a,um,
くうきょ
空虚
vacuum,i,n.
ぐうすう
偶数
par numerus,
ぐうぜん
偶然
accidentia,ae,f.
casus,us,m.
contingentia,ae,f.
偶然な
contingens,entis,
偶然の
accidens,entis,
偶然に
casu,
forte,
偶然のできごと
accidens,entis,n.
ex accidenti, per accidens, accidenter, 偶然に
くうそう
空想
phantasia,ae,f.
ぐうぞう
偶像
idolum,i,n.
偶像崇拝
idololatria,ae,f.
paganismus,i,m.
偶像崇拝者
idololatra,ae,m.
偶像に捧げられた
idolothytus,a,um,
くうふく
空腹である
esurio,ire,itum,.
ぐうゆ
寓喩
allegoria,ae,f.
ぐうゆうせい
偶有性
accidentia,ae,f.
accidens,entis,n.
偶有的
accidentalis,e,
偶有的形相
forma accidentalis,
くうろん
空論
captiuncula,ae,f.
くきょう
苦境
aerumna,ae,f.
くぎょう
苦行
paenitentia,ae,f.
苦行者
paenitens,entis,m.
くさ
herba,ae,f.
gramen,minis,n.
草色の,緑色の
herbeus,a,um,
くし
焼串
veru,us,n.
くじ
くじ
sors,sortis,f.
くじをひく
sortior,iri,sortitus sum,v.dep.
くじゃく
孔雀
pavo,onis,m.
(孔雀の羽)眼状斑点
gemma,ae,f.
くしゃみ
くしゃみ
sternumentum,i,n.
sternutatio,onis,f.
くしゃみをする
sternuo,ere,ui,
sternuto,are,avi,
くじょう
苦情を言う
accuso,are,avi,atum,
くじら
balaena,ae,f.
cetus,i,m.
くすぐる
くすぐる
titillo,are,avi,atum,
くすぐること
titillatio,onis,f.
くすり
medicina,ae,f.
remedium,i,n.
ぐたい
具体性
concretio,onis,f.
具体的
concretus,a,um,
具体的に
in concreto,
くだもの
果物
fructus,us,m.
くち
os,oris,n.
くちごもる
haesito,are,avi,atum,
くちごもること
haesitantia,ae,f.
くちく
駆逐する
pulso,are,avi,atum,
くちびる
labea,ae,f.
labrum,i,n.
くちぶえ
口笛
poppysma,atis,n.
poppysmus,i,m.
くつ
calceamen,minis,n.
calceamentum,i,n.
calceatus,us,m.
靴屋
calceamentarius,ii,m.
靴店
calcearia,ae,f.
兵隊靴
caliga,ae,f.
くつう
苦痛
dolor,oris,m.
くっしょん
クッション
culcita,ae,f.
くなん
苦難
passio,onis,f.
passio passiva,「受動的な苦難」
くに
civitas,atis,f.
祖国
patria,ae,f.
くぬぎ
クヌギ
cerrus,i,f.
くび
collum,i,n.
首飾り
torques,is,m.
くべつ
区別
distinctio,onis,f.
differentia,ae,f.
discrimen,minis,n.
区別する
distinguo,ere,stinxi,stinctum,
discerno,ere,crevi,cretum,
区別された
distinctus,a,um,
区別されて
distincte,
区別される
diversus,a,um,
くま
ursus,i,m.
ursa,ae,f.
くまつづら
クマツヅラ
sagmen,minis,n.
verbena,ae,f.
くみ
classis,is,f.
くみあい
組合
collegium,ii,n.
consortio,onis,f.
組合員
consors,ortis,m.
くみあわせ
組み合わせ
combinatio,(onis,f.?)
くむ
汲む、汲み取る、汲み出す
haurio,ire,hausi,haustum,
くも
nubes,is,f.
曇った
obscurus,a,um,
くも
蜘蛛
aranea,ae,f.
tip(p)ul(l)a,ae,f.
蜘蛛の巣
tela,ae,f.
くらい
暗い
caligineus,a,um,
obscurus,a,um,
暗さ
caligo,ginis,f.
くらげ
クラゲ
medusa,ae,f.
urtica,ae,f.
くり
castanea,ae,f.
栗の樹、栗畑
castanetum,i,n.
栗の
castaneus,a,um,
くる
来る
venio,ire,veni,ventum,
advenio,ire,veni,ventum,
くるう
狂う
insanio,ire,ivi(ii),itum,
くるしみ
苦しみ
dolor,oris,m.
passio,onis,f.
苦しむ
patior,ti,passus sum,v.dep.
苦しい
acerbus,a,um,
くるぶし
talus,i,m.
くるま
車輪
rota,ae,f.
車(馬車,戦車,など)
currus,us,m.
くるみ
胡桃
nux,nucis,f.
juglans,andis,f.
くろい
黒い
niger,gra,grum,
ater,tra,trum,
くわ
桑の実
morum,i,n.
桑の樹
morus,i,f.
くわがたむし
クワガタムシ
cerambus,i,m.
くわわる
に加わらない
expers,rtis,
くんしゅ
君主
princeps,cipis,m.
専制君主
tyrannus,i,m.
ぐんしゅう
群集
turba,ae,f.
ぐんたい
軍隊
exercitus,us,m.
軍隊(行軍中の)、行軍隊列
agmen,inis,n.
軍団
legio,onis,f.
くんれん
訓練
exercitium,i,n.
訓練する
exerceo,ere,ercui,ercitum,
exercito,are,avi,atum,
訓練した(された)
exercitatus,a,um,


pilus,i,m.
habebat vestimentum de pilis cameli (Mt 3, 4)
彼はラクダの毛の衣服を着ていた。
羊毛の
laneus,a,um,
けいえん
敬遠する
vereor,eri,veritus sum,v.dep.
けいか
経過
decursio,onis,f.
decursus,us,m.
けいかく
計画
consilium,i,n,
けいき
継起
successio,onis,f.
successio determinationum oppositarum in eodem ente,
「同一の存在における相対立せる限定の継起」 (=変化,cf.『カントの形而上学講義』三修社)
けいけん
敬虔
pietas,atis,f.
敬虔な
pius,a,um,
religiosus,a,um,
けいけん
経験
experientia,ae,f.
experimentum,i,n.
empirice,
経験的
empiricus,a,um,
経験する
experior,iri,pertus sum,v.dep.
経験主義
empirismus,i,m.
経験的知識
scientia experimentalis,
scientia experimento,
けいこう
傾向
dispositio,onis,f.
impetus,us,m.
傾向性
propensio,onis,f.
身体的傾向性
corporea propensio,
けいこく
警告する
admoneo,ere,ui,itum,
けいさん
計算
numeratio,onis,f.
計算盤
abacus,i,m.
けいじ
啓示
revelatio,onis,f.
ostensio,onis,f.
manifestatio,onis,f.
patefactio,onis,f.
sapientiae divinae patefactio,
神の智恵の啓示
啓示する
revelo,are,avi,atum,
ostendo,ere,tendi,tensum,
manifesto,are,avi,atum,
啓示者
revelator,oris,m.
啓示的神学
theologia revelata,
Iesus Patris revelator,
父の啓示者であるイエス
『啓示憲章』
Constitutio dogmtica de divina Revelatione,
あたらしい公の啓示
nova revelatio publica,
一般的啓示
revelatio generalis,
間接的啓示
revelatio mediata
自然的啓示
manifestatio naturalis,
超自然的啓示
revelatio supernaturalis,
直接的啓示
revelatio immediata,
特殊的啓示
revelatio specialis,
けいじ
繋辞
copula,ae,f.
けいじじょうがく
形而上学
metaphysica,orum,n.pl.
形而上学の,形而上学的
metaphysicus,a,um,
けいしょう
継承
successio,onis,f.
継承する
succedo,ere,cessi,cessum,
けいしょう
形象
species,ei,f.
けいず
系図
liber generationis
Liber generationis Iesu Christi filii David filii Abraham. (Mt 1, 1)
アブラハムの子、ダビデの子、イエス・キリストの系図。
けいせい
形成
formatio,onis,f.
形成者
formator,oris,m.
形成する
formo,are,avi,atum,
informo,are,avi,atum,
facio,cere,feci,factum,
再形成
reformatio,onis,f.
けいそう
形相
forma,ae,f.
形相的
formalis,e,
形相的に
formaliter,
形相因
causa formalis,
可感的形相
forma sensibilis,
可知的形相
species intelligibiles,
偶有的形相,付帯的形相
forma accidentalis,
実体的形相
forma substantialis,
質料的形相
forma materialis,
自然的形相
forma nativae,
内属的形相
formae inhaerentes,
補助的形相
formae adjacentes,
物体的形相
forma corporalis,
forma corporeitatis,
個体的形相
forma individualis,
本性的形相
forma naturalis,
第一形相
forma prima,
形相的概念
formalis conceptus,
形相的根拠
ratio formalis,
形相的実在性
realitas formalis,
形相的存在
esse formale,
形相をつくる
formo,are,avi,atum,
形相を与える
informo,are,avi,atum,
けいそく
計測
mensura,ae,f.
計測する
metior,iri,mensus sum,v.dep.
けいぞく
継続
duratio,onis,f.
継続する
duro,are,avi,atum,
けいそつ
軽率さ
levitas,atis,f.
temeritas,atis,f.
軽率な
levis,e,
temerarius,a,um,
軽率に
temerarie,
けいちょう
傾聴
audientia,ae,f,
けいはく
軽薄な
temerarius,a,um,
temeraria professio scientiae,「軽薄な知の詐称」
けいべつ
軽蔑
contemptus,us,m.
contemptio,onis,f.
contemptus omnium vanitatum mundi, cf. De Imitatione Christi
この世の全ての空しいものについての軽蔑
軽蔑する
despicio,ere,spexi,spectum,
Sapientiam atque doctrinam stulti despiciunt. (Prv 1,7)
「智恵と教えを愚か者たちは軽蔑する」
けいむしょ
刑務所
carcer,eris,m.
けいりん
経綸
oeconomia,ae,f.
経綸的三位一体論
Trinitas oeconomica,
けいれつ
系列
series,ei,f.
げーむ
ゲーム
ludus,i,m.
げか
外科
chirurgia,ae,f.
外科医
chirurgus,i,m.
外科手術
chirurgumena,orum,n.pl.
けがれ
穢れ
sordes,is,f.
けし
ケシ
papaver,eris,n.
meconium,i,n.
げすい
下水道
cloaca,ae,f.
けだもの
cf.野獣
けつえき
血液
sanguis,guinis,m.
けつえん
血縁関係
cognatio,onis,f.
血縁的
cognatus,a,um,
けっか
結果
effectus,us,m.
結果する
fio,fieri,factus sum,
けっかん
欠陥
defectus,us,m.
vitium,i,n.
血管
vena,ae,f.
げっけいかん
月桂冠
laurus,i,us,f.
げっけいじゅ
月桂樹
laurus,i,us,f.
けつごう
結合
conjunctio,onis,f.
unio,onis,f.
nexus,us,m.
adunatio,onis,f.
結合する
conjungo,ere,junxi,junctum,
unio,ire,ivi,itum,
necto,ere,nex(u)i,nexum,
aduno,are,avi,atum,
結合した
conjunctus,a,um,
結合体
complexio,onis,f.
complexio oppositorum,「反対者の結合」
けっこん
結婚
matrimonium,i,n.
conubium,i,n.
結婚する
nubo,ere,psi,ptum,(dat.と)
けつじょ
欠如
privatio,onis,f.
欠如する
privo,are,avi,atum,
善の欠如
privatio boni,
けっしん
決心する
judico,are,avi,atum,
Non enim iudicavi scire me aliquid inter vos nisi Iesum Christum et hunc crucifixum. (1 Cor 2,2)
「なぜなら私はあなた方の間では,イエス・キリスト以外のことは, しかも十字架につけられたこの方以外のことは, 何事かを知ろうとは決心しなかった(何事をもしるまい,と決心した)のだから」
けっせき
欠席している
absum,abesse,afui,afuturus,
けってい
決定
determinatio,onis,f.
決定する
determino,are,avi,atum,
決定論
determinismus,i,m.
非決定
indifferentia,ae,f.
非決定の,未決定の
indifferens,entis,
indeterminatus,a,um,
げっぷ
げっぷ
ructus,us,m.
ructamen,minis,n.
ructatio,onis,f.
げっぷをする
ructo,are,avi,atum,
げっぷすること
ructuositas,atis,f.
げっぷの多い
ructuosus,a,um,
けつぼう
欠乏
inopia,ae,f.
けつろん
結論
conclusio,onis,f.
結論する
concludo,ere,clusi,clusum,
conclusio sequitur partem debilem
「結論は弱い部分(特称)に従う (前提のひとつが特称なら結論も特称でなければならない)」
げり
下痢
fluor ventris,
exsoluta alvus,
diarrhea,ae,f.
げん
弦(楽器)
chorda,ae,f.
けんい
権威
auctoritas,atis,f.
dignitas,atis,f.
げんいん
原因
causa,ae,f.
原因ないし根拠
causa seu ratio,
原因から生じたもの
causatum,
原因性
causalitas,atis,f.
原因的理法
causales rationes,
因果因
causa causalis,
運動因
causa movens,
永久的な原因,継続性
causa perpetua,
遠因
causa remota,
外在因
causa extrinseca,
過去の原因
causa praeterita,
可能態における原因
causa in potentia,
間接原因
causa remota,
機会因
causa occasionalis,
究極原因
causa ultissima,
近因,近接因
causa propinqua,
causa proxima,
偶因,付帯因
causa per accidens,
形相因
causa formalis,
結合の原因
causa connexionis,
現実態における原因
causa in actu,
個別因
causa particularis,
causa singularis,
固有因
causa propria,
最高の原因,神
causa altissima,
作用因,作動因,作出因
causa efficiens,
死因
causa mortis,
自己原因,自分自身の原因
causa sui,
sui ipsius causa,
自己の存在の原因
causa sui esse,
自然の原因
causa naturae propter quid,
自然本性的原因
causa naturalis,
自体的な原因,原因そのもの
causa per se,
質料因,材料因
causa materialis,
主原因
causa principalis,
終局原因
causa finalis,
十分な原因
causa sufficiens,
縮限の理性的で必然的な原因
rationabilis et necessaria causa contractionis,
種子的原因
ratio seminalis,
諸原因の原因
causa causarum,
神的な原因
causa divina,
生起する諸事物の諸原因
proventuum causae,
正当な原因
causa justa,
積極的な原因
causa positiva,
絶対的な原因
causa absoluta,
全体因
causa totalis,
全能な原因
omnipotens causa,
存在するところの万物の原因
causa omnium, quae sunt,
存在と認識されることにかかわる諸事物の諸原因
rerum causae in esse et nosci,
第一原因
causa prima,
第二次的な原因
causa secunda,
単純な原因
causa simplex,
超越因
causa transiens,
超自然的な原因
causa supernaturalis,
直接原因
causa causans,
道具因
causa instrumentalis,
動力因
causa efficiens,
内在因
causa intrinseca,
causa immanens,
能動因
causa activa,
causa agens,
能動的強制因
causa agens et cogens,
媒介因
causa media,
範型因
causa exemplaris,
万物の原因
causa omnium,
非固有因
causa improprius,
非必然的な原因
causa contingens,
病因
causa morbi,
複合的な原因
cuasa composita,
物理因,物体的な原因
causa corporalis,
付帯的な原因
causa per accidens,
普遍的な原因
causa universalis,
分割の原因
causa divisionis,
別個の原因
causa separata,
未知の原因
causa incognita,
目的因
causa finalis,
唯一の原因
unica causa,
より後なる原因
causa posterior,
より下位の原因
causa inferior,
より先なる原因
causa prior
より上位の原因
causa superior,
離婚の原因
causa divortii,
げんかい
限界
finis,is,m.(f.)
terminatio,onis,f.
terminus,i,m.
限界づける
termino,are,avi,atum,
げんぎ
玄義
mysterium,ii,n.
mysteria,iorum,n.pl.
三位一体の玄義
mysterium Trinitatis,
贖罪の玄義
mysterium Redemptionis,
喜びの玄義
gaudii mysteria,
苦しみの玄義
doloris mysteria,
栄えの玄義
gloriae mysteria,
光の玄義
lucis mysteria,
けんきゅう
研究
studium,i,n.
研究する
studeo,ere,dui,
げんきゅう
言及
mentio,onis,f.
けんきょ
謙虚な
pius,a,um,
pia confessio ignorantiae,「謙虚な無知の告白」
げんけい
原型
archetypon,i,n.
archetypum,i,n.
原型の
archetypus,a,um,
けんげん
顕現
epiphania,ae,f.
apparitio,onis,f.
divina apparitio,「神の顕現」
manifestatio,onis,f.
げんご
言語
lingua,ae,f.
けんこう
健康
salus,utis,f.
salubritas,atis,f.
valetudo,dinis,f.
健康な
salvus,a,um,
saluber,bris,bre,
sanus,a,um,
健康によい
salutaris,e,
saluber,bris,bre,
salubris,e,
健康に適すること
salubritas,atis,f.
健康である
salveo,ere,
valeo,ere,lui,liturus,
健康にする
sano,are,avi,atum,
健康的に,健康に適するように
salubriter,
loci saluberrimi,
「健康に最も適した場所」
けんざい
顕在的
patens,entis,
explicitus,a,um,
顕在的に
explicite,
げんざい
現在
praesentia,ae,f.
現在の
praesens,entis,
げんざい
原罪
peccatum originale,
labes originalis,
無原罪の宿り
Immaculata conceptio,
O Maria concepta sine peccato ora pro nobis qui ad te confugimus.
O Maria sine labe originali concepta ora pro nobis qui confugimus ad te.
無原罪で宿ったマリアよ,あなたにより頼む我らのために祈りたまえ.(メダイの銘文)
けんじ
顕示
ostensio,onis,f.
げんし
原子
atomus,i,f.
げんし
幻視
visio,onis,f.
げんじ
言辞
dictio,onis,f.
dictum,i,n.
げんじつ
現実
actus,us,m.
現実的な
actualis,e,
現実に
actu,
現実性
actualitas,atis,f.
現実存在
actu esse,
esse actuale,
現実にあるもの
ens in actu
現実態
actus,us,m.
純粋現実態
actus purus,
fundatur in re actu existente,
「実際に現実存在する事物のうちに基礎づけられる」
けんじゃ
賢者
sapiens,entis,m.
げんしゅ
元首
princeps,cipis,m.
元首政
principatus,us,m.
けんじゅは
犬儒派
cynismus,i,m.
犬儒派の
cynicus,a,um,
けんしょう
憲章
constitutio.onis,f,
『カトリック信仰に関する教義憲章』
Constitutio dogmatica de Fide catholica,
『教会憲章』
Constitutio dogmatica de Ecclesia,
『キリストの教会に関する第一教義憲章』
Constitutio dogmatica I de Ecclesia Christi,
『使徒憲章』
Constitutio Apostolica,
『啓示憲章』
Constitutio dogmtica de divina Revelatione,
『現代世界憲章』
Constitutio pastoralis de Ecelesia in mundo huius temporis,
『典礼憲章』
Constitutio de Sacra Liturgia,
げんしょう
現象
phaenomenon,i,n.
現象的実在性
realitas phaenomenon,
けんしん
献身
devotio,onis,f.
けんしん
堅信
confirmatio,onis,f.
けんせつ
建設する
condo,ere,didi,ditum,
建設者
conditor,oris,m.
げんせん
源泉
fons,fontis,m.
げんぜん
現前する(もの)
praesens,entis,
現前しない(もの)
absens,entis,
げんそ
元素
elementum,i,n.
第五元素
quinta essentia,
げんそう
幻想
phantasia,ae,f.
chimera,ae,f.
illusio,onis,f.
けんそん
謙遜
humilitas,atis,f.
謙遜な
humilis,e,
げんぞん
現存
praesentia,ae,f.
現存する
praesens,entis,
げんそんざい
現存在
exsistentia,ae,f.
existentia est positio absoluta
「現存在は絶対的措定である」 (カント『形而上学講義』三修社)
けんち
見地
respectus,us,m.
けんちく
建築する
aedifico,are,avi,atum,
建築学
architectura,ae,f.
げんてい
限定
determinatio,onis,f.
限定する
determino,are,avi,atum,
contrarie oppositae determinationes,
「反対的に対立せるものの限定」 (cf.『カントの形而上学講義』三修社)
successio determinationum oppositarum in eodem ente,
「同一の存在における相対立せる限定の継起」 (=変化,カント,同上)
existentia determinationum oppositarum in eodem ente,
「同一の存在における相対立せる限定の実在性」 (=悟性概念,カント,同上)
ens omnimode determinatum est ens singulare,
「全面的に限定された存在は単一な存在である」 (カント,同上)
けんのう
権能
potestas,atis,f.
auctoritas,atis,f.
規範的権能
auctoritas normativa,
誘因的権能
auctoritas causativa,
げんみつ
厳密性
praecisio,(onis,f.)
厳密な
praecisus,a,um,
strictus,a,um,
厳密に
praecise,
stricte,
理性的な厳密性
praecisio rationalis,
神的な厳密性
praecisio divina,
より厳密な意味において
sensu strictiori,
けんめい
賢明
sapientia,ae,f.
賢明な
sapiens,entis,
賢明である
sapio,pere,pii(pivi),
けんり
権利
ius,iuris,n.
げんり
原理
principium,i,n.
因果律
principium causalitatis,
逆の原理
dictum de reciproco,
個別化の原理,個体化の原理
principia individuantia,
principium individuationis,
差異の原理
dictum de diverso,
自明的原理(それ自体によって知られる原理)
principia per se cognita,
充足原理,充足根拠律
principium rationis sufficientis,
総体および皆無についての原理
dictum de omni et nullo,
同一の原理(同一律)
principium identitatis,
omni subjecto competit praedicatum ipsi identicum
「全ての主語にはこの主語自身に同一な述語が一致する」 (『カントの形而上学講義』三修社)
二重否定の原理
principium duplex negatio(? duplicis negationis?),
排中の原理(排中律)
principium exclusi tertii,
principium exclusi medii inter duo contradictoria,
cuilibet subjecto competit praedicatorum contradictorie oppositorum alterutrum
「いかなる主語にも矛盾的に対立せる述語のうちの一つが一致する」 (『カントの〜』)
不可識別者即同一の原理(ライプニッツ)
principium identitatis indiscernibilium,
矛盾の原理(矛盾律)
principium contradictionis,
nulli subjecto competit praedicatum ipsi oppositum
「いかなる主語もこの主語自身に対立する述語とは一致しない」 (『カントの〜』)
用例の原理
dictum de exemplo,
理由の原理
principium rationis,
げんろういん
元老院議員
senator,oris,m.
元老院議事堂
curia,ae,f.


息子
filius,i,m.
filia,ae,f.
五(の)
quinque,
五官
quinque sensus,
第五の
quintus,a,um,
第五元素
quinta essentia,
こうい
行為
actio,onis,f.
actus,us,m.
行為する
ago,ere,egi,actum,
外的行為
actus transeuntes,
仮託行為
actus simulatus,
具象行為
actus humanus concretus,
公的行為
actus publicus,
私的行為
actus privatus,
抽出行為
actus elicitus,
抽象行為
actus humanus abstracte consideratus,
内在的行為
actus immanens,
反対行為
actus contrarius,
命令行為
actus imperatus,
利他的行為
actus aliis utiles,
倫理行為
actus moralis,
ex opere operati,
為された行為により
ex opere operantis,
為す者の行為により
ごうい
合意
consensus,us,m.
ごういつ
合一
unio,onis,f.
adunatio,onis,f.
合一する
unio,ire,ivi,itum,
aduno,are,avi,atum,
合一した
unitus,a,um,
cognitio unionis quam mens cum tota natura habet
精神と全自然との合一性の認識 (スピノザ『知性改善論』13節
こうか
効果
effectus,us,m.
efficacia,ae,f.
efficacitas,atis,f.
efficientia,ae,f.
効果のある
efficax,acis,
こうかい
航海
navigatio,onis,f.
航海する
navigo,are,avi,atum,
こうかい
後悔
paenitentia,ae,f.
後悔させる
paeniteo,ere,tui,
後悔する
paenitet,(非人称)
こうがい
口蓋
palatum,i,n.
こうかいぎ
公会議
Concilium,i,n.
全世界公会議
concilium oecumenicum,
司教会議
Synodus,i,f.
Concilium Vaticanum,
バチカン公会議
こうがく
光学
perspectiva,
こうかつ
狡猾な
callidus,a,um,
こうかん
交換
mutatio,onis,f.
交換する
muto,are,avi,atum,
こうき
好機
occasio,onis,f.
こうき
高貴
nobilitas,atis,f.
高貴な
nobilis,e,
高貴に
nobiliter,
こうぎ
講義
lectio,onis,f.
聖書講義
collegia biblicum,
聖書原典講義
collegia philobiblica,
こうぎ
抗議
reclamatio,onis,f.
抗議する
reclamo,are,avi,atum,
こうきょうがく
交響楽
symphonia,ae,f.
こうぐんたいれつ
行軍隊列
agmen,minis,n.
こうけい
光景
aspectus,us,m.
こうけい
後継者
postpartor,oris,m.
こうげき
攻撃
impetus,us,m.
攻撃する
aggredior,i,aggressus sum,v.dep.
adorior,iri,adortus sum,v.dep.
こうけん
後件
consequens,entis,n.
後件否定式
modus tollens,
前件
antecedens,entis,n.
前件肯定式
modus ponens,
こうげん
(主の)公現(の祭日,1月6日)
Epiphania,ae,f.
こうこう
航行
navigatio,onis,f.
航行する
navigo,are,avi,atum,
(dat.)に沿って航行する
adnavigo,are,
こうさつ
考察
consideratio,onis,f.
考察する
considero,are,avi,atum,
こうざん
鉱山
minera,ae,f.
metallum,i,n.
鉱夫
metallicus,i,m.
metallifossor,oris,m.
こうし
格子
cancellus,i,m.
cancer,cri,m.
格子(形)の
cancellatus,a,um,
格子形に
cancellatim,
格子を取り付ける
cancello,are,avi,atum.
こうし
孔子
Confucius,ii,m.
こうじ
fermentum,i,n.
こうしゅうよくじょう
公衆浴場
thermae,arum,f.pl.
こうしんりょう
香辛料
aroma,atis,n.
condimentum,i,n.
こうずい
洪水
diluvium,i,n.
inundatio,onis,f.
こうせい
公正
aequitas,atis,f.
こうせい
構成
compositio,onis,f.
構成された
compositus,a,um,
構成要素
elementum,i,n.
ごうせい
合成
compositio,onis,f.
こうせん
光線
radius,i,m.
こうそく
拘束
vinculum,i,n.
拘束からの解放・免除
immunitas a vinculo,
物理的拘束
vinculum physicum,
倫理的拘束
vinculum morale,
こうたい
交替
mutatio,onis,f.
こうだい
広大な
immensus,a,um,
広大無辺
immensitas,atis,f.
こうち
狡知
calliditas,atis,f.
狡知をもった
callidus,a,um,
こうつごう
好都合
commodum,i,n.
好都合な
commodus,a,um,
こうてい
肯定
affirmatio,onis,f.
肯定的な
positivus,a,um,
affirmativus,a,um,
肯定する
affirmo,are,avi,atum,
肯定神学
theologia affirmativa,
こうてん
公転
circuitus,us,m.
circuitus solis, 太陽の公転
こうどう
公同的
catholicus,a,um,
公同書簡(司牧書簡)
Epistolae Catholicae,
公同の教え
doctrina catholica,
公同の教会,公教会
ecclesia catholica,
公同の真理
veritas catholica,
ごうとう
強盗
latro,onis,m.
こうのとり
コウノトリ
ciconia,ae,f.
こうふ
公布する
indico,ere,dixi,dictum,
こうふく
幸福な
felix,icis,
beatus,a,um,
こうふく
降伏
deditio,onis,f.
降伏する
dedo,ere,didi,ditum,
こうぶつ
鉱物
mineralia,
こうぼ
酵母
fermentum,i,n.
ごうまん
傲慢
superbia,ae,f.
傲慢な
superbus,a,um,
こうもく
項目
articulus,i,m.
こうもり
コウモリ
vespertilio,onis,m.
vesperugo,ginis,f.
こうよう
綱要
compendium,i,n.
こうり
公理
axioma,matis,n.
ごうりてき
合理的
rationalis,e,
rationabilis,e
合理主義
rationalismus,i,m.
合理的神学
theologia rationalis,
こうりょく
効力(cf.効果)
こうれいじゅつ
降霊術
necromantia,ae,f.
こえ
vox,vocis,f.
声の
vocalis,e,
声に出した言葉
vocale verbum,
こえる
越える
transeo,ire,ii,itum,
transcendo,ere,endi,ensum,
越えること
transcendentia,ae,f.
こーす
コース
cursus,us,m.
こおった
凍った
gelidus,a,um,
こおり
glacies,ei,f.
ごかくけい
五角形
pentagonium,i,n.
五角形の
pentagonus,a,um,
ごかん
五官
quinque sensus,
ごきょう
護教
apologia,ae,f.
こくいん
刻印
impressio,onis,f.
刻印された
impressus,a,um,
刻印する
imprimo,ere,pressi,pressum,
こくそする
告訴する
accuso,are,avi,atum,
こくち
告知
nuntiatio,onis,f.
告知する
nuntio,are,avi,atum,
こくはくする
告白する
confiteor,eri,fessus sum,v.dep.
fateor,eri,fassus sum,v.dep.
こくはつ
告発する
accuso,are,avi,atum,
告発者
accusator,oris,m.
こくもつ
穀物
frumentum,i,n.
こけ
コケ
muscus,i,m.
こけもも
苔桃
vaccinium,i,n.
ごげん
語源的
etymologicus,a,um,
ごご
午後
pomeridiem,
午後の
pomeridianus,a,um,
こころ
cor,cordis,n.
animus,i,m.
mens,mentis,f.
こころみる
試みる
conor,ari,atus sum,v.dep.
tempto,are,avi,atum,
こし
lumbus,i,n.
coxa,ae,f.
ごじ
誤字
erratum,i,n.
こしょう
胡椒
piper,piperis,n.
ごしょく
誤植
erratum,i,n.
こじん
個人
individuus homo,
ごせい
悟性
intellectus,us,m.
悟性的綜合
synthesis intellectualis,
悟性の作用
operationes intellectus,
人間悟性
humana ratio,
分別的悟性
ratio discretiva,
こたい
個体
individuum,i,n.
個体化
individuatio,
個体化の原理
principium individuationis,
個体性
individuitas,atis,f.(不可分性)
haecceitas,(このもの性)
個体的
individualis,
individuus,a,um,
個体的本性
individua natura,
こだい
古代
antiquitas,atis,f.
vetustas,atis,f.
古代史
veteres annales
古代の
antiquus,a,um,
vetustus,a,um,
古代人
antiqui,orum,m.pl.
こだま
こだま
echo,us,f.
こちょう
誇張法
hyperbole,es,f.
誇張された懐疑
hyperbolica dubitatio,
こっか
国家
res publica
civitas,atis,f.
こっく
コック,料理人
cocus(coquus),i,m.
こつつぼ
骨壷
urna,ae,f.
こっぷ
コップ
poculum,i,n.
こと
res,rei,f.
ことなる
異なる
distinctus,a,um,
ことば
言葉
verbum,i,n.
In principio erat Verbum, (Io 1,1)
はじめに言葉があった。
vox,vocis,f.
声に出した言葉
vocale verbum,
言葉にできない
ineffabilis,e,
こども
子供
iniens aetas,
liberi,orum,m.pl.
少年
puer,eri,m.
少女
puella,ae,f.
ことわざ
proverbium,i,n.
こな
粉,麦粉
farina,ae,f.
粉屋
pistor,oris,m.
この
この
hic,haec,hoc,(hujus,huic),
このもの性(個体性)
haecceitas,
このうえ
この上なく
maxime,
summe,
こはく
琥珀
electrum,i,n.
glaesum,i,n.
こばむ
拒む
nego,are,avi,atum,
abnego,are,avi,atum,
こひつじ
子羊
agnus,i,m.
ごびゅう
誤謬
error,oris,m.
誤謬する
erro,are,avi,atum,
四個概念の誤謬
quaternio terminorum,
前件先取(先決問題要求の)誤謬
petitio principii,
こぶ
こぶ
tuber,eris,n.
こぶし
こぶし
pugnus,i,m.
こべつ
個別性
singularitas,atis,f.
個別的な
singularis,e,
particularis,e,
omnis res positiva extra animam eo ipso est singularis,
「魂の外部の実在的なすべての事物は,それ自身個別的である」
こま
コマ
trochus,i,m.
ごみんかん
護民官
tribunus,i,m.
ごむ
ゴム
gummi,n.(不変化)
こむぎ
小麦
frumentum,i,n.
triticum,i,n.
こめかみ
こめかみ
tempus,poris,n.
こや
小屋
casa,ae,f.
こゆうの
固有の
proprius,a,um,
固有性
proprietas,atis,f.
固有な属性
attributum proprium,
固有の生命
vita propria,
こるく
コルク
cortex,ticis,c.
suber,eris,n.
コルク樫
suber,eris,n.
これ
これ,この
hic,haec,hoc,(hujus,huic),
このもの性(個体性)
haecceitas,
ころす
殺す
neco,are,avi,atum,
occido,ere,cidi,cisum,
interficio,cere,feci,fectum,
人殺し,殺害
caedes,is,f.
interfectio,onis,f.
homicidium,i,n.
殺害者
interfector,oris,m.
interfectrix,icis,f.
こわがらす
こわがらす
terreo,ere,ui,itum,
こわす
壊す
deleo,ere,evi,etum,
affligo,ere,flixi,flictum,
corrumpo,ere,rupi,ruptum,
壊れている
corruptus,a,um,
こんいん
婚姻
matrimonium,i,n.
婚姻証書
matrimonialia documenta,
婚姻の不解消性
indissolubilitas matrimonii,
こんきょ
根拠
ratio,onis,f.
間接的根拠
ratio intermedia,
究極根拠
ultima ratio,
区別する根拠
ratio distinguendi,
ratio quodvis a quovis distinguendi,「あるものを他のものから区別する根拠」
形相的根拠
ratio formalis,
根拠を欠いた
absque ratione,
諸事物の究極的根拠
ultima ratio Rerum,
存在根拠
ratio essendi.
第一の根拠
rario prima,
独立的根拠
ratio independens,
認識根拠
ratio cognoscendi,
反対根拠
fundamentum remotum,
論理的根拠
ratio logica,
nihil fit sine ratione,
「いかなるものも根拠なしに生じない」
ratio est id, quo posito determinate ponitur aliud,
「根拠とは,その措定によって規定されて他のものが立てられるところのものである (『カントの形而上学講義』三修社)
quidquid est, est rationatum,
「存在するものはいかなるものでも根拠づけられたものである」 (カント,同)
こんくーる
コンクール
certamen,inis,n.
こんげん
根源
principium,i,n.
radix,icis,f.
principium radicale,
origo,ginis,f.
根源的な
radicalis,e,
根源的に
radicitus,
principaliter,
根源的直観
intuitus originarius,
永遠な根源
principium aeternum,
外的根源
principium extrinsecum,
全ての悪の根源
radix omnium malorum,
全能な根源
principium omnipotens,
第一根源
principium primum,
万物の根源
principium omnium,
不可視な根源
principium invisibile,
hoc oportet esse principium, quo nihil prius nec potentius
根源とは,それより先なるものも,それより能力のあるものも, 何もないことである(クザーヌス『神学綱要)
intellectus est suarum actionum principium
知性は,自らの諸行為の根源である(クザーヌス,同)
こんごう
混合
mistio,onis,f.
permixtio,onis,f.
confusio,onis,f.
混合された
permixtus,a,um,
confusus,a,um,
混合する
misceo,ere,miscui,mixtum(mistum),
permisceo,ere,miscui,mixtum,
confundo,ere,fudi,fusum
混合していない
inconfusus,a,um,
混合せず分離せず
inconfuse atque indivisum,
こんせき
痕跡
vestigium,i,n.
こんぜんとした
混然とした
confusus,a,um,
こんとん
混沌
chaos,(abl.chao),n.
こんなん
困難
difficultas,atis,f.
operositas,atis,f.
困難な
difficilis,e.
こんぽん
根本
radix,icis,f.
fundamen,minis,n.
fundamentum,i,n.
根本的な
radicalis,e,
根本的に
radicitus,
fundamentaliter,
a fundamentis diruo
根本から破壊する
こんらん
混乱
confusio,onis,f.
混乱させる
confundo,ere,fudi,fusum,

<か><き><く><け><こ>