会議費の範囲


経理上で仕訳をする際、この費用は交際費なのか、それとも会議費なのか、判断に迷う場合が多々あります。

これらについて、みていきたいと思います。

1.税法上で規定されている交際費と会議費について

交際費・・・交際費等は、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入れ先その他事業に関
       係あるものなどに対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為の為に支出するもの
       

交際費にならない費用
     ※ 専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のためにつうじょう要する費用
     ※ カレンダー、手帳、扇子、うちわ、手ぬぐいその他これらに類する物品を贈与するために通常要する費用
     ※ 会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用 ほか


会議費・・・会議に際して社内又は通常会議を行う場所において通常供与される昼食の程度を超えない飲食物等の
       接待に要する費用は、原則として「会議に関連して、茶菓弁当その他これらに類する飲食物を供与する
       ために通常ようする費用」に該当するものとする。


2.交際費と会議費のめやす
 
  @会議費として規定されている「通常供与される昼食の程度を超えない」の昼食とはどの程度のことをいうので
    しょうか?

    これについては、金額等でいくらと明示されているわけではありません。通達において交際費とならない小額
    物品についての金額を3,000円以下としているため「昼食の程度は3,000円」とされている方も多いようですが、
    ボーダーラインの定めがない以上実質で判断する事になると思われます。調査官の判断の目安は「ランチの
    程度以下」という判断をしているようです。よってフルコースの食事などは会議費とは認められないとおもわれ
    ますが、ホテルの会議室を借りての昼食等の場合、3,000円以上になる場合も考えられます、この場合も会議
    の実態を備えていれば会議費となるとかんがえられます。

  A会議が終わった後、お茶代わりとして出したビール1,2杯については交際費?

    国税当局の見解ではその程度のものであれば「通常供与される昼食の程度を超えない飲食物等の接待に要
    する費用」として会議費として取り扱う事にしているようです。

3.会議費を交際費と認定されないために!
    
    税務署等に会議費として認めてもらうには、本当に会議かどうかを明確にする必要があります。そのために
    は、会議の内容・出席された方などがわかるように用紙等に記録しておき、それを領収書に添付しておくよう
    にして頂くと良いと思います。

 
  戻る