直線上に配置

準確定申告 (被相続人の所得税の申告)


 準確定申告とは、確定申告すべき人が年の途中で亡くなった場合、その年1
月1日から亡くなった日までの所得の申告で、相続人は、相続があったことを
知った日から4か月以内に被相続人の所得税の確定申告をしなければなりま
せん。
準確定申告の用紙は通常の確定申告用の用紙を使用します。

1月1日から3月15日の間に死亡したため、前年分の確定申告をしていないときは
それも相続人の義務として行う必要があります。
 なお、納付した税額については、相続税の債務控除の対象となり、
逆に還付があったときは被相続人の相続財産に加算されることになります。
 相続人が2人以上いる場合は、各相続人が連署により準確定申告を提出する
ことになります。ただし、他の相続人の氏名を付記して各人が別々に提出するこ
ともできます。

準確定申告における所得控除の適用
 医療費控除の対象となるのは、死亡の日までに支払った額です。
 死亡した時に入院していて、その入院費を死亡後に支払っても含めること
 はできません。

 社会保険料、生命保険料、損害保険料控除の対象となるのは、死亡の日ま
 でに支払った額です。

 配偶者控除や扶養控除に該当するかの判定は、死亡の日の現況により行い
 ます。

 この準確定申告は、各相続人の氏名、住所、被相続人との続柄などを記入
した準確定申告の付表を添付し、相続人の住所地ではなく、被相続人の住所
地の税務署に提出します。


相続・遺言に関する官公署等の改正・更新情報掲載
 (財務省、国税庁、法務省、裁判所等官公署の相続関連の改正・更新情報のリンク集となっております。
  準確定申告について申告書の記載例等詳細は国税庁サイトの『確定申告書等作成コーナー』
  『タックスアンサー』などをご覧下さい。)

  ・国税庁タックスアンサーより
   納税者が死亡したときの確定申告(準確定申告)

  ・確定申告書の記載例(申告書A・B)
   死亡した人の準確定申告をする場合(PDFファイル)等

直線上に配置

前ページに戻る(相続手続きの流れ)       遺言作成から執行までの手続き

トップページ
  相続・遺言の手続き AtoZ (北海道札幌市 川口行政書士事務所)

        (申請届出・書式・様式・雛型等)掲載ページへのリンク集