つりばりのポーズ=トリコン・アサナ

 @両足を大きく開き、上体を真っ直ぐにして立ち、手のひらを下に向けて、両手を肩の高さに伸ばす。(吸う)
 
 A体をそのまま真横に倒し、両手の線が床に垂直のところで止める。(吐く) 
    ■ 効果

 @姿勢の歪みや内臓の位置異常を治すのに適しています。

 A脇腹や胸の筋肉を伸ばし、糖尿病を予防し、。肝臓、胆のうの機能低下を防ぎます。
 
■注意
 完成ポーズで上の肘が曲がらないように注意すること。

■回数
 左右1回ずつ行い、やりにくい方を集中的に3〜5回繰り返して行いましょう。

 特に体の側面の弱い人は練習しましょう。
 
 B一度息を吸いなおす。

 C真上にある手を床と平行になるように倒す。

 
 Dもう一度息を吸って、ゆっくりと吐きながら元に戻す。
 

※資料の提供は「ヘルスアップ・ヨガ・カンパニー」元谷恵美先生によるものです。


ホームへ   ヨガのページへ  レッスン風景へ