視覚障害と障害年金 障害年金裁定請求・審査請求手続対応 
札幌 社会保険労務士 藤井法務事務所


眼の障害の場合


当事務所には、眼の疾患の中では特に網膜色素変性症の方の障害年金のご相談が多く寄せられています。

網膜色素変性症のほか、
緑内障、ブドウ膜炎、白内障、眼球萎縮、網膜脈絡膜萎縮や脳腫瘍による視野欠損・視力障害なども対象とされています。

障害認定基準
  障害の程度 障害の状態
国年令別表 1級 両眼の視力の和が0.04以下のもの
2級 両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活に著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
厚年令別表 3級 両眼の視力が0.1以下に減じたもの
障害手当金 両眼の視力が0.6以下に減じたもの
一眼の視力が0.1以下に減じたもの
両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
両眼による視野が2分の1以上著しい欠損したもの又は両眼の視野が10度以内のもの
両眼の調節機能及び輻輳機能に著しい障害を残すもの

眼の障害は、視力障害、視野障害、調節機能障害および輻輳機能障害又はまぶたの欠損障害に区分されます。

(1)視力障害
屈折異常のあるものについては、矯正視力を測定し、これにより認定します。

(2)視野障害
「身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活に著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの」とは両眼の視野が5度以内のものをいいます。

(3)調節機能障害および輻輳機能障害
「調節機能及び輻輳機能に著しい障害を残すもの」とは、眼の調節機能及び輻輳機能の障害のため複視、頭痛等の眼精疲労が生じ、読書等が続けられない程度のものをいいいます。

(4)まぶたの欠損障害
「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、普通にまぶたを閉じた場合に角膜を完全に覆い得ない程度のものをいいます。

視力障害と視野障害が併存する場合は併合認定の取扱いが行われます。


〔参考:昭和61年庁保発15、平11庁保発9、平14庁保発12〕

 


眼の障害の場合は、発症時期、初診日などによっては提出書類の準備が複雑になることも多いので、専門家の活用をお勧めいたします。



TOPへ

障害年金専門サイトのご案内
眼の疾患による障害年金の申請や審査請求に関するご相談や手続き代行のお申し込みは専門サイトで承っております。
障害給付手続総合研究室
障害給付手続総合研究室
無料メール相談フォーム

年金コンテンツ
障害年金
障害等級を知る
障害年金の受給要件
障害年金の対象となる傷病
障害認定基準
事後重症による障害年金
障害年金と他制度との調整
障害年金の失権と未支給年金
裁定請求手続
診断書/病歴・就労状況等申立書
審査請求・再審査請求
老齢年金
在職老齢年金
 60歳台前半  60歳台後半
老齢年金の特例
 障害者特例 
離婚時の年金分割制度
 合意分割と3号分割 

 
 
 

藤井法務事務所:札幌市中央区南1条西16丁目1 MIURA.BLD505
TEL 011-640-7162   E-mail:office@syougai-s.jp
COPYRIGHT(C) 2005 FUJII OFFICE RESERVED.